鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆのはなプレイ日記 ラスト

ゆのはな終わりましたので感想を……書く前にとりあえず、色々な方の感想を読みに行ったのですが…某方と椿シナリオの感想がもろかぶりで爆笑。
好きなゲームが似ているとは言え、ここまで一緒の事書いていると流石に自分の感想を消したくなったり。けれど、他にも似たようなこと書いている人をチラホラ見かけたので、まあこの作品は送り手が伝えたかったことを上手く伝えていたものとして捉えておきましょう。都合よく。

あと、人の感想を見て思ったのがやっぱりこの作品のこと、書きづらそうと言うこと。
おもしろかったー、はいお終い。これぐらいしか書くこと無いですよ、本当。
これは、ただのおとぎ話でそれよりも幸せな本当の話なわけですから。

筋書きやキャラの心理描写を楽しむのではなく、「人々」といった個々の登場人物では無い全体を感じ取る本当の意味での雰囲気ゲーのように思ったり。

わかばが何もせずただありのままを見渡そうとしたように、椿が様々な物の中に入って迷いながらも見つめたように、穂波が自分の閉じた世界から動き出したように、この作品はゆのはな町やゆのはなと言うゲームの優しさを感じ取るためのように思うので、ゆのは編に関してはありがとうの一言で。

それと、椿編をやり終えたとき書くべきでしたが、ほなにーシナリオの捉え方が全然的外れでしたね。そんなのはいつものことですが、これはちょっとひどいw

わかばが夢を作る絵本、椿が現実を作る小説でゆのはなの舞台を作る書き手だとするなら、舞台の上の役者が穂波、と言うことでいいのかな?
だからこそ舞台と言うものを書いたこの作品において、役者である穂波がちょっと浮いたようになっているのでしょうか。

そういった意味で言えばゆのはも役者に入ってますが、このあたりのバランスが微妙だなぁ。

<追記>
私は、このゲームの初回版を初回と言う言葉に惑わされて中古で購入したわけでして、ゆのほんも手元にあるのですが、私が書いた感想のほとんどをここでライター本人からいってましたね。ホントにこの作品は感想を面白かったの一言にしなくてはなりませんねw



<雑記>
金曜日は遅くまでトリックスターやってたこともあり、3時間しか寝れず朝5時半起床、会社から帰ってサイトを更新した後、トリスタを懲りずにプレイ。気が付けば今日の朝4時過ぎまでいました。
それから風呂に入って寝ようとしたら5時半ww
24時間稼動なんて久しぶり。ここに新たなネトゲ廃人が生まれましたよ。

<今日のニュース>
ダイヤ乱れ、遅延運休5200件 JR発足後最悪
昨日、定時で帰れたと思ったら人身事故があり、いつもの倍の時間をかけて帰宅しましたよ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/78-0503723d

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。