鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シナリオ重視の人にはオススメしませんとか、ただの萌ゲとか言った人、後で校舎裏ね。

「ましろ色シンフォニー -Love is Pure White-」の感想。今回は桜乃、みう編について。

瓜生桜乃

なかなか進展が無く、進んだと思ったら戻っているような繰り返しの物語に少々ダレてしまいました。劇中でも桜乃が愛理にぼやいていましたね。進んでいるのかどうかわからないと。それだけ、彼らの関係の根が深かったということ。他のルートでは主人公とヒロインの出会いと変化に対する難しさを描いていましたが、新吾と桜乃の場合は既に二人の色が出来てしまっている。新しい一歩を踏み出すことの困難さは、初体験の時も同様に。桜乃が進んで行おうとしましたが、新吾はただ見ているだけ。これは桜乃に対する恐怖か、なあなあで済ませようとしたことへの拒絶か、製作サイドの初体験は失敗させてねという意思か。
そして彼らの物語に当然訪れる、近親相姦に対する世間の目。周囲にいる人々からは理解を得られるが、やはり他人にとっては揶揄すべき対象となる。それに対してのシナリオの解答というのが、世間から認められることでも、二人が謝罪するわけでもなく、より大きな噂による風化。何も解決されておらず、つまり彼らの背負った業はどこまでも続いていくことへの暗示。他のシナリオが周囲を巻き込んだ賑やかなもののため、その対比が内証的な静謐さをより際立たせているなあと。
この桜乃シナリオは、ましろ色シンフォニー全体で見るとイレギュラーな要素が多かったけど、だからこそ変化を望まないことと望むことの決定打が浮き彫りになっている。証を手に入れた後に揺るがない二人は、ただ綺麗だなあと。
これが実妹だったら当然両親は許さないだろうし、常識人が多い(?)この物語では理解は得られなかっただろうし。それは逃げの一手とも言える。実妹が解禁になって数年が経ち、禁忌について一歩踏み込んだ作品が多い中、このシナリオは薄っぺらくて甘い。けど、それをせめてもの優しさとして勝手に汲み取りたいなあ。でも、義理だったらもうそれで問題解決しているようなもんだけどなぁ。


天羽みう

紗凪がいい女過ぎて何も言う事が無い。もう男前な愛理と付き合っちゃえよと思う。
アレルギーで苦しもうが恋敵の名前がついていようが捨て猫を預かる姿勢や、保護した動物を涙を流しながら送り出すこと。幸せになって欲しい人のために、自身の気持ちを抑える姿。みう先輩を悲しませないためにと、率先してぱんにゃの母親を探そうとしたこと。そしてロリ体形びぃかっぷ。どれをとっても完璧。
そのため、みうの印象が薄く、悪くなってしまう。描写が少ないため何を考えているのか分かり辛く、ペットに対しても喪失感を抱くだけという子供染みた事を言う。子供みたいだからパイパンなのか。
本当に好きなものは壊してしまう、というのもペットを失ったことへの恐怖から生み出されたもの。彼女は好きなものが居なくなってしまうことから、目を逸らしてしまう。
新吾がみうの事を気にしだしたきっかけと言うのが、頑張りすぎる彼女を支えたいということなら、紗凪がメインから外れてもしょうがないことなのか。空気に敏感な新吾が、みうの空気が悪いと思って接近したわけだから、完璧な紗凪には意識が行かないと?
だからこそ、みうの苦悩からの脱却というか成長が栄える。保護という名の逃避に勤しんでいた彼女だけど、ぱんにゃとの別れで喪失感を思い出し、周りのフォローもあって立ち直る姿。愛する事に臆病なみうが、新吾を通して愛する事の大事さを学んでゆくこと。
ちょっとこじつけですが、エロシーンでもあった言葉で自覚させていくことかと。励ますことでは無く、彼女の現状をただ理解させていく。自分が何者であるのか。幼少のトラウマで硬直した、みうの心はいつも後ろ向きになっていたところ、それを逃がさず見つめなおさせる。動物のありのままの姿は、彼女のありのままの姿にも繋がってゆく。好きな人たちと一緒に過ごせるようになればいいという母の助言と、そして写真というものも確認するためか。
そして、自分が行ってきた事を知った彼女だからこそ出来た事。護るだけではなく、創り上げるということ。動物達の目を、まっすぐ見つめられる人になった彼女は、紗凪にも負けないくらい高潔だ。
エピローグのぱんにゃが戻ってくるCGも素晴らしかった。クリック連打でエンドロール飛ばしていたので、ぱんにゃのモノローグも一緒に飛ばしちゃったとか、そんなことは間違ってもありませんよ。本当です。CG鑑賞で数枚に分けてあったので、なにか演出でもあったのかなと気になって再度エンディングを迎えて余韻も糞も無いとか、あるわけないじゃないですか。
みうが護ったものと、新しく創り上げてゆく人間と動物の関係。彼女の行為が、本当に報われた瞬間だったのではないかと。



と言ったところで、桜乃、みうについてグダグダ書いてみました。久々に分割で、お次はアンジェと愛理ですが、なんも書くこと無い気がする……
甘かった……だだ甘だった、くらいとか。いや結構色々あるはずなんですけどね。なんかもう、愛理が居ればそれで良いや、みたいな。

「ましろ色シンフォニー -Love is Pure White-」その二








コメント

>アンジェと愛理
のシナリオを担当したのは『こいびとどうしですることぜんぶ』にてシナリオを担当した保住圭氏だったりするんですよね。
それを知ってるとあの甘さも納得が行くというか現実で鬱になる(´Д`;)

『こいびとどうしですることぜんぶ』は未プレイなので気になります。
納得の甘さですか。ゾックゾックしてきますね。

やってますねww

やってます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/484-6304b7bd

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。