鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「Cheerio!」の感想です。最初から最後まで重度のネタバレあり。いつも通りですね。



シナリオ単体で見ると、雰囲気ゲーでしかなく、本当に目立ったところが無い。むしろ物語として機能していない。キャラクターの確認行為に終始する話だと思っています。しかし、イ他氏が書いたメイン三人のあきら・たつき・真尋シナリオ全体を見ると構造的に面白いなあと。
主人公とたつきの関係性を中心点として、真尋とあきらのシナリオが対比として存在しているように。
あきらの場合、常に一緒にいるたつきと対になる距離感を描いています。場所的なものや心情的なもの、さらには肉体的にも、彼女の存在は遠い。
逸れに対し、主人公とたつきの間柄は強固なもので、それは幼なじみキャラ特有の歳月の積み重ねや、物にまつわる思い出など。そうなんだ。こうでなくちゃ。と言った自然の間合いを共有している二人。
そして、たつきとは逆に真尋のシナリオは彼女の不自然さを描いてから、彼女の本質に目を向けることになっています。ゲーム冒頭で、主人公が真尋に対して持った違和感。主人公に合わせるために、キャラクターを作り、受験先を選ぶ。
シナリオのテーマ単体での見せ場は無く、関係性においての陰影の確認がこのゲームの目的なのかもしれませんが、それは説明的で無く、彼女達の立ち位置からの恋愛の成立を自然体で見せてくれていたように思います。
さらに、それを引き立てていたのは、テキストを含むゲームデザインではないかと。

よくハーレムアニメの主人公などは鈍感さを持って女の子に囲まれた状況を維持し続けていますが、このゲームのキャラクター達は決して鈍感ではなく、むしろ鋭い感覚を持っているにも関わらず、つかみどころの無いやり取りで関係の維持に努めています。
冒頭での、忘れてない? 忘れてない、のやり取りや、指示代名詞を多用した「あれ、これ、それ」の文章。
直接的な言及を避けたがり、それがどれの事を指しているかを曖昧にしつつも、キャラクターの心情を感覚的に表現し、それだけに留まらず、そこに至るまでの情報も全て描きっていました。
たつきの恋心一つをとっても、ゲーム冒頭からあしらったような態度を取り、鈍感なようにも見えてしまう。しかし、あきらと出会った時、たつきに対して後ろめたさを感じていた主人公はたつきの恋心を最初から知っていたということで、最終的に曖昧さを伏線として回収している。
また、宙に浮いているような掛け合いの中、プレイヤーには最初から情報が与えられておらず、キャラクター同士だけで納得している。文字媒体の小説であったら説明不足と切り捨てられます。エロゲではイラストや音楽の補填もあり、立ち絵の微細な変化やBGM、エピローグの演出を含めて、揺らぐ雰囲気を構築し、彼らの心情をプレイヤー自身が見つけていかなくてはならないように設計されており、進めていくほどに面白さが増していきました。
このライターの他作品を読んでいないので、常にこの文体か分かりませんが、狙っているのだとしたら恐ろしい。あまりのトリッキーさに、開いた口が塞がりませんでした。

このゲームをプレイしたのが2009年。発売は2001年。当時から、このような意欲的なゲームがあったのかと思うと、まだ見ぬ隠れた名作を発掘してゆきたい思いに駆られます。

あと、簡略化されたイラストは、一枚絵よりも立ち絵のほうが魅力的に感じました。たつきの慌てた顔が、やたら可愛い。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/480-3dff4224

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。