鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅行から帰ってきてネットを漁ってみると、なんだかちょっと楽しかった。エロゲはやっぱり楽しいなぁ、とか全然新作とか追っかけてプレイしていないのに以前プレイしたゲームの感想とかを見てなんだか意味も無くワクワクしてしまった。
けれども残念かな、今の私は軽くミク廃なのです。週刊VOCALOIDランキングだけでは空き足らず、日刊VOCALOIDランキングまでチェックするほど初音さんに必死なわけです。旅行に行っていて見ていない分も今からチェックしなくては。
話変わるんスけど、唐突なんスけど、アニメ版efの第二期が始まっていますよね。そんな中で第一期のefについてなんとなく思ったことでも。
アニメが始まったときは第三章が先行して見られるということで、minoriの本気度合いを感じ取ってなんとなく見ていたのですが、映像作品という事を盛大に意識した攻撃的な演出が素敵で毎週楽しみにしていました。
しかし、最終回を見たとき流石にこの展開は無いだろうと画面の前で突っ込んだのは私だけではないはず。
以下ネタバレ。

アニメ版ef第三章のラストの展開ってまんま某星空めてお作品ではないですか。めておスキーの御影さんならパロディネタや違った解釈を混ぜながら、としてならやるかもしれないけれど、そのまんま持ってくることは無いだろうと思いその後発売されたef - the latter tale.をプレイしてみて納得。
まずゲームef - the latter tale.について。この作品に登場する「受け」る立場の人間、千尋、久瀬、優子。この三人は成長していく主人公達とは対照的にある種傍観者めいていて、結局最後まで止まったままになっている。
千尋は時間というか成長、久瀬は死、優子に至っては最初から登場さえせず過去の思い出話で語られるのみ。教会にいたのが優子であって優子でないということを最後に聞かされて、そこまでするかと思ってしまった。
彼や彼女らは能動的に助言する事はあっても成長は見られず、あくまで成長する人を見守る立場を貫いていました。
そしてアニメ版ef。千尋編で千尋が描いた小説の(小説を絵本と描きそうになった。「はるのあしおと」は強烈だ)ラストは自分で作ったものを自分で壊してしまうという展開で締められ、そして千尋自身が自分の日記を破り捨てるという事で自身の小説で見せたことを実行に移してしまう。
ゲーム版だと傍観者であった彼女は小説のラストシーンを自らは行わず、成長していく主人公である蓮治に全てをゆだねる。
ここは久瀬も優子も同じでミズキと火村に全てゆだね、止まった者は止まった者としての役割を全うしている。なんだかこの作品、ef - the first tale.からef - the latter tale.を通してみると舞台にしろキャラクターにしろ、生き物ではなく物語の装置としての意味合いが強すぎて、とてもスイーツ(笑)的ではないような気も。ゲームの前編と後編の印象がガラリと変わることや、火村の職業にしたって狙いすぎで、本当に良く「設計」された作品だなぁと。
閑話休題。
アニメ版の千尋編だと、千尋は自分の日記を破り捨てるという傍観者の度を越えた行動を取ってしまい、ゲーム版では止まったままの千尋が動き出してしまう。動き出すキャラクター達、これはef - the first tale.の構図と同じで、だからこそアニメ版では一章から三章までをまとめて放送したのかな、製作者が千尋の成長していく姿も見て見たかったのかな、とか思ったり思わなかったり。


激しく今更なのですが、境界だから教会、という駄洒落に気が付いたクソムカツクほど大好きだ。

コメント

>アニメ版ef第三章のラストの展開ってまんま某星空めてお作品ではないですか。
どういうことか具体的に説明していただけるとありがたいです。
めておは『腐り姫』と『SEVEN-BRIDGE』をやりましたが、どうもよく思い出せなかったので。

はじめまして、某めてお作品とは「Forest」の事です。
興味がありましたら、ぜひプレイしてみてください。

こちらこそはじめまして。返答が遅くなってしまい申しわけありません。
『Forest』でしたか。いつかやろうと思いつつ放置していたのでした……。

自分も「腐り姫」は、いつかやろうと思いながらほったらかしです。
評判通りのおもしろさは確約されているはずなのですが、なぜか食指が働かない不思議。みたいな。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/433-5b04fc61

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。