鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クロノベルト→ドラクリウス→3days→11eyesという順番でプレイ中。
なんと言うバトルモノエロゲの攻勢か・・・!

ドラクリウスの方は、戦闘中に信念だか理想だか使命だかを声高に歌い上げて戦うのが主流のバトルモノエロゲでは珍しく、口汚く相手を罵りながら戦う姿が素敵でした。戦闘はよくある能力モノバトルなのですが、キャラクターの巧妙な駆け引きから生まれる心理戦は秀逸。ただ単にパワー勝負になってしまう戦闘はアッサリと締めて、そういった戦闘にウエイトを持ってきたところが、このゲーム一番の魅力か。
日常シーンやエロシーンや真剣なシーンで所々に入るギャグはくどくて好みが別れそうですが私は中々好みの範疇でした。2ちゃんねるのネタをただ使うだけの単発ネタではなく、きちんと落ちを付けてくれるので据わりがいいです。

次に3days。ベジータ様がイクときの声で不覚にも妊娠しました。
このゲーム、結構CGが崩れている物が多かったのですが、それが「ひぐらしのなく頃に」や「魔法少女リリカルなのはStS」のように崩れたイラストが不気味な恐怖感を生み出していました。上手いイラストだったらそれでいい、とは一概に言い切れないのが二次元のステキなところですね。

そして現在11eyesをプレイ中。戦闘中のバットエンドで先の展開をバラしてしまうことや、クロスビジョンで同じシーンを何度も見せられ、疾走感があるわけでもなし腹に溜まるようなクドイさを持つわけでもない間延びしたテキストに疲弊しながらも、読むことを止める事が出来ない・・・!
主人公が邪気眼の使い手で手軽にパワーアップしたり隠していた技で敵をアッサリ倒しちゃったりと、一昔前の少年漫画の悪いところが集まっているのですけれど、やっぱりそうゆうのカッコいいじゃない。人生終始感情論でいいじゃない。

そんな感じでー。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/413-eda27f36

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。