鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うるう年ですね。そうだ、うるう年なんだ、普段よりも二月のやつぁ一日長いのだ。どうりで待てども暮らせども寒い冬が終わらないと思ったら、うるう年の奴の所為なのか。ちくしょうめ。なんて根性の悪い奴なんだ、二月。二月の所為で雪が降りまくり、例年あまり見かけないから綺麗だな、なんて思っていても、原チャで駅まで走る私にとっては生死をかけた茨ロードに早変わり。滑ったりしたらどうしてくれるんだ、二月。
と一日だけ長く続く苦痛を齎す二月への呪詛を寝ぼけ眼で考えていたのですが、うるう年で思い出したことがもう一つ。子供のころ、「二月二十九日生まれなら全然歳とらないからうるう年に生まれたかった」といった友人に対して、真顔で「歳は取らないかもしれないけど、確実に老けてるよ」言った覚えがありまするる。今にして思えば二次元に行きたいと切に願ってやまない今の状況に、「平面の存在になりたいって、どういうこと?」と聞かれるようなものだ。情感が無い。雅さが無い。二次元に雅さがあるかどうか甚だ疑問ですが、みやびちゃんはぷりちーです。結局それか。
それにしても「キラ☆キラ」のアルバムが届かない。ビックリするほど届かないアマゾン。どれくらいビックリしたかって言うと、「そろそろ罪と罰・上中下の三冊でもでも読み耽って小生の芸術魂をばロシアのピロシキの油にまみれさしにさせてくるとするっぺよ」と矮小で勘違いな似非文学頭を満たすべく、電車の中でするりとカバンを開けて、いざ本を取り出したら、いきなり下巻が出てきたときくらいビックリだ。ビックリクリクリクリックリーだ。西川のりお超頑張れ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/391-04bc5700

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。