鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウッーウッーウマウマ(゚∀゚) が流行っているようで。今までまったく興味が沸かなかったのですけれど、ふとした弾みで見てしまって、もう虜。ここ見ているだけで気が付いたら2,30分経っておりました。決して暇ではないはずだ。
そしてニコニコで上がっている色々なウッーウッーウマウマ(゚∀゚) 動画を探していたら、この動画にたどり着いていました。ネットって不思議。




うますぎるだろっ!!

明らかにプロの犯行。なんだこの歌詞のシンクロ率。
テイルズオブデスティニー2のプロモーション映像で、原曲を初めて聞いたときの鳥肌は今でも鮮明に覚えています。まさかこの曲に歌詞を付け歌っている方がいるとは。
そういえば、未だデスクトップは「ヴィーナス&ブレイブス」の予約特典についてきた壁紙を使っています。あの透き通った温かみのあるイラストに勝る物は無いとさえ思います(大げさ)。あの雰囲気を持つエロゲってないのかしらん。強いてあげるなら「Forest」が近かったのですが、どうもあちらは尖りすぎている気がする。



「12RIVEN -the Ψcliminal of integral-」のプロモーションムービーが公開されました。3月13日発売なのか・・・本当なのか・・・
このゲームだったら多分、「怒りの日」が起こっても、考察とかで盛り上がれそうな気がする。気がするだけか。



「マルドゥック・ヴェロシティ」読破。前半の栄光に満ちたSF活劇は彼の結末を知っていても読んでいてワクワクしてしまった。そしてこちらの予想通り期待通り規定どおりのラストスパートが始まった3巻。もう見ていられない。だが、どこまでも落ちていくことを知っているのにページをめくる指を止める事は出来なかった。きっと、僅かにでも彼らの救いが示されているかもしれないと思ってしまったからだ。しかし、前作でウフコックとイースターが語ったボイルドの事件が起こったときはもうページをめくる気が起きず、電車の中でピタリと全身の動きすら止まってしまった。相当怪しい人だったと思う。けれども、どこまでも虚無に呑み込まれていく彼に最後の最後に幸せが残されており胸を撫で下ろさせられてしまった。悔しくて仕方ない。そんな話でした。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/390-e15d422f

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。