鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二話目から見続けるのが辛くなってきました。

作画崩壊とかも第一話から目立っていましたし、ヒロインが映っていても一瞬誰だかわからなかったり。
それでも一縷の光明を差し込んでくれたのが、変態爺さんと言う罠w

変態爺さんが、と言っても下ネタに特化していくのかと言えばそうではなく。

フィーナとの接し方に悩みを抱える主人公(名前なんでしたっけ)に、姫と接するのではなく家族として付き合っていけばいい、と諭すシーンには「オマエ重要人物かよ!」なんて驚いてしまいました。

恋愛よりも家族としての絆を深める物語ならば、それはそれで面白そうですね。
今回は少し二人の両親のことにも触れられていましたしね。

けどやっぱり竹取物語的なことを期待してしまうのですが。
先入観と言うのはだめなものですね。

初音島放送局さんの所で知りましたが、アニメのスタッフは原作未プレイだとか。
うーん、原作をそのままより、うまいことアレンジが加えられているのならいいのですが、今までの出来を見る限りじゃ、ねぇ。
潔く原作やったほうがいいとも思うのですが、ちょっとばかり散財したのでアニメが終わるまでプレイするのは待っておきます。

あと、浅川姉さん萌えです。
けどゲームでは攻略できんそうで、シンフォニック=レインに続き生殺しです。


昨日の「新ジャンル幸せ」を見て思いついてみました。

幸「ねえねえ、このクッキーってさ別に普通のクッキーなんだけど、なんだか無性に食べたくなるんだよね。君もどう?」
そういえば小腹が空いていたなと思い、僕は休み時間の校庭をぼんやり見たまま「貰うよ、ありがとう」と言い差し出されたクッキーを掴もうと手を伸ばした。

ガシッ

僕「えっ」
なぜか手をつかまれ少し引っ張られると同時に、胸に柔らかい衝撃。
幸「はい、あ~ん」
僕「待とうよ、そしてやめようよ」
幸「はい、あ~ん」
僕「アーン」
脆弱すぎると思う、この子に対しては。
クッキーを口に含むとき、彼女が自分の指をわざと僕の唇に当てていったことに顔が熱くなりつつも、早く開放してくれと思う。
幸「おいしかった?」
僕「うん、おいしかったよ。そんなことより」
幸「そう、じゃあもう一つ」
そして彼女はクッキーを自分で咥え、僕のほうを向き。
幸「んっ」
と差し出した。


首吊ってきますねー。

「ホスト部最高! 俺は涼宮ハルヒより 藤岡ハルヒを選ぶ!」
そして私はハルヒよりも殿を選びますね。

美人の中の人w  
ちょwww体型www

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/39-152b7934

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。