鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「さくらむすび」は現在桜ルートのエッチ一回目に突入したところです。
犯罪だ・・・これは犯罪だ・・・
そう思ってしまう私は、まだ真性のロリを名乗るには修行不足ということですか、トノ先生。
同じようなやり取りから遂に主人公が枷を外され妹である桜と交わるのですが、「妹」との行為より、「幼いからだ」への倫理観に悖る方が強いので、まっとうな妹ゲーと言う感じはせず、しかし桜の根元にある死体のように全てを搾取され、その美しさに蚕食されるがままに見ほれてしまう。それはエロシーンに限らず桜とのやり取りや淡い塗りのイラストでも如何なく発揮されており、着々とペドフィリアに調教されていく駄目さ加減。えらいプレイするスピードが遅いのですが、元々読書スピードが遅い上、疲労困憊したところで浸かったぬるま湯みたいにゆっくり味わいたい願望が出てきた。

そんなエロゲに入り込むことが喜びと思う中、「RAINBOW GIRL」とか聞くと虚脱感が凄まじいことになる。



二次元に意思を求めるのはある意味オタの矜持か。


そして「少年の国の少女アリス」を購入。「ネコっかわいがり!」のうつろあくた氏私的二作目。あらすじや「アリス」を題材に持ってきていることから、エロゲ版「幸福の王子」をやってくれた「ネコかわ」のような性質の悪さを期待。
さらに、みやま零初挑戦。この方の描くイラストには尖っている耽美さを持つ印象があるのですが、話の内容とどうマッチするのか。あとフリルが良い、この方は。「彼女達の流儀」もいつかプレイしたいところ。


「攻殻機動隊」のDVDを引っ張り出してチマチマ見返していたり。どうも2ndGIGのオープニングを見るとこれ↓を思い出してしまい、脳内でなのはに変換されてしまう。



紹介するまでも無いと思ったけど元ネタはこちら。



攻殻は話も面白いのだけど、やっぱり緻密な動きと菅野よう子の音楽に意識が傾いてしまい集中力の無い私は話自体を結構スルーしがち。その意味で見返していたのですが結局、サイバーバードがバックに流れるタチコマとジガバチの縦横無尽に動き回る対決にばかり目が行ってしまう。



話に集中できたのはワインの回くらいか。エンディング直前で流れる曲、坂本真綾さんが歌っていると気づかず、最近知りましたけど。1stは笑い男と戦車の回くらいしか覚えてないのでまた見返そう。

なんかニコニコばかり見ていたような記事になった。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/388-a377dfc5

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。