鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人に流されやすい私は、占いとか性格判断とか好きなんですよ。ポエマーらしく。
占いや性格判断は統計学から来ているものらしく、この日に生まれた人はこういった傾向にある、というもので占う、判断しているみたいなのですが、それが不思議でしょうがない。
例えば、地域性による人民思想の違い、なんて統計を出されたら、その地域の環境についての言及なんてものがされているので納得しやすい。でも、なんで星の動きとか生まれた日が、なんでその人に関係あるのかが分からない。ググッたら分かるのだろうか。確率論に寄る辺を持ち帰納するからだろうか。それにしたって判別方法についての論拠が無いに等しいように感じる。
そんな神秘性と偶然が混然としたフィジーな印象に騙されたっていいかもしれないなんて思う。
けど、占いは好きでも占い師はなんだか好きになれない。私は生で占い師なんて見たことないし、テレビが写し出す偶像としての占い師しか知らないのだから、あまり好き勝手言える立場でもなんでもないんだけど。
テレビに出てくる占い師の胡散臭さは、結局のところ信じ込ませようとする行為に見えてしまう欺瞞さか。
「信じたい奴は信じればいい、けど責任は自己負担な」みたいに飄々としていてほしい。というか訳の分からないものでいてほしい。
テレビの占い師は、手の届かない目の届かない新月みたいな感じを持つ事柄を、人情話だとか説教だとかで上手く丸め込もうと執拗に迫ってくる。大して親しくもないのに人と話すときに必要以上に近くに寄ってくる人なんだ、結局。
私はこれだけ人生で苦労したからこれだけ経験豊富なんだから私の言う事は信じといて損は無い運命だから、見たいな常套句には居酒屋で絡んでくる上司ではなく新興宗教みたいな気持ちの悪さがある。
手駒の少なさを東奔西走する事で補い、大人や世界や好きな女の子にぶつける我武者羅さを見せた「絶対幸せ宣言ッ!」のキャラクターもいずれこうなってしまうのだろうかといらない心配をしてみるものの、大人になっても疲れを知らない笑顔を見せた彼女の姿が救いといえば救い。
結局、与えて浸透してくるねずみ講のキャンディポップよりも殴りつけて汚染してくる情のほうが現実には多いのか。大して変わらない気もするけど。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/379-dc2c32b0

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。