鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第11回:十番勝負その七 ムービー対決!
夢寐師の方が登場

 今回はじめて知った「きすみみ」ですが、ヒロインよりも主人公のほうが萌えるなぁ。

「彼女たちの流儀」や「処女は乙女に恋してる」なども萌える主人公でしたね。(未プレイですよ)

 ショタ系主人公だと感情移入をせず(まあ、むしろできる人もいると思いますが)主人公で萌える作品が多くなってるかなぁと。

 エロゲにおいてプレイヤー=主人公という意識が離れていっているのは以前からの流れですよね。

 無個性の主人公だと、どうしても物語の幅に限界が見えてしまいそうですし。

 主人公も登場人物として深く物語りに関わる、というか主人公を描くためだけにその他のキャラを配置したり物語を作った作品もあるわけで。

 ただ主人公を描こうとして、「主人公だからこの敵と戦う」「主人公だから強い」といった「ドラクエの力の種とか全部主人公に使っちゃう理論」の話とかは、少年漫画とかでも良く見かけますよね。

 エロゲでも「主人公だからモテる」といったことが主流なわけですが、「このキャラだから主人公なんだ」と言った物語が見たい私はプレイヤー≠主人公の作品がこれからも出続けてくれることを祈ってみたり。

 まあ、そんな心配せんでもいいと思いますが。

 それでもショタ系主人公と言うのは、向かう方向を間違えてしまっているような気がしてならない。

 しかしその間違えた方向に暴力的に目覚めさせられているような気がしないでもない。

 ドリグラ萌えの私が今更なにを言っているんだと。

 まあ、私が言いたかったことと言うのは、主人公がどうのこうのとかどうでも良くて、

渡良瀬準にゃん萌え

ただ、はぴねすは未プレイです。


凶のネット徘徊
ねぇ見て見て!ボクの華麗な走りwゴフ!
起き上がった後の、犬の困った顔が見たかった。

コメント

はぴねすは買っても損はしないゲームだとは思います。
あけるりとかと同じく王道ですからね。
まあ代わりに次の展開がわかるから最高とまでは言えませんけど・・・。

関係ないけど、私の友達が主人公と同じ名前だったので準がその名前を甘ったるい声で叫んだときには大爆笑しましたがw

そのご友人が心からうらやましいですw
などと言いつつ、実は私の本名はToHeart2の主人公と同じ名前なのですよ。
やっぱり未プレイですけどね。

暗い作品が続いているので、そろそろプレイした後に穏やかな気分になれるゲームに手を出すべきかなと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/37-8962bca4

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。