鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「タンポポって花があるよね。種を風に乗せて飛ばすやつ」
「綿毛の種は風に運ばれて、故郷から遠く遠く離れて、もしかしたら草木なんか一本も生えてない砂漠に落ちちゃうかもしれない。
そんなとき、たった一粒のその種が何を思うか……それを想像してくれれば、解かってもらえるかもしれない。わたしのこと」
「種は、もちろん草の種だからね。その気になって頑張れば、砂漠を砂漠じゃなくしてしまえる。
ただ一粒だけの種でも、もしかしたら、頑張ろうって思うようになるかもしれない。頑張って育って増えて、いつかこの土地が一面のタンポポ畑になるまで頑張ろうって、そう思うかもしれない。そんな風にタンポポの種が心を決めるとしたら、どんなときだと思う?」
「それはね、その砂漠に―――たった一人だけでも―――花を愛してくれる人がいるって知ったとき。
タンポポの花は綺麗だね、って、種に話しかけてくれたとき」


「沙耶の唄」をなんとなく再プレイしてみて、沙耶が心情を吐露するタンポポ語りが、非常に秀逸だと余韻に浸ってみる。
それにしても、「沙耶の唄」で共感と言うか、感情移入してしまうのは郁紀ではなく、沙耶の方だと思うのはどうだろう?

さて、「明日の君と逢うために」のアニメーションムービーが公開されましたね。
今回も「あると」や「プリミティブリンク」のように、アニメはいいんだけど音と合ってない現象に襲われるのかと思いきや、あすきみは音と映像の融合が上手くいっているのではないかと。相変わらず新海意識はバリバリですが、それでもカメラワークには光るものがあるなぁと。

あと、ブログを復活された方や休止された方がいらっしゃったので、いい機会だとリンクを整理。いいかげんよそ様にコメントを付けに行かないと忘れられてしまいそうなので、なんとかせねば。というか一度もコメントをつけていないサイト様もあり、そろそろコメントを付けに全裸で菓子折り持って泣きながら土下座しないといけまs(ry
リアルの方では、月初から追い込まれていた仕事も緩和し、なんとか余裕を持って動けています。いやぁ、テンパっている時は煙草の本数が増える増える。正直、ここ最近は「急いで」「これ明日までに何とか」「何で無理なの」と言った言葉しか聞いていなかった気も。お前らの車に軽油を入れて回ってやろうか、などと割かし本気で考えていました。
ニュースで見たのですけれど、セルフサービスのガソリンスタンドで、乗用車に軽油を入れてしまう人が結構居るのだとか。
軽油→軽い油?→安い→これっきゃない(ガッツポーズ)
見たいな感じ?
私も、給油する時に人から、「軽油はトラックの燃料だから入れちゃだめだよ?」なんて釘を刺されたので、他人のことは言えない以上に危なかったわけですが(爆

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/351-bf731df5

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。