鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
姉が久しぶりにFFⅫをプレイしていたので鑑賞。

どうやらファーブニルと戦うようで私もセコンドとして参戦。
今日こそは勝つとのことで。

とりあえず突っ込んでいく姉。

全滅。

主力メンバーがこの有様じゃ無理だなと思って、パーティーを入れ替えるためメニュー画面に移った瞬間。

私「えっ!全員レベル高っ!」

ヴァンがレベル70
その他のメンバーが58前後
私は主力メンバー以外ほとんど鍛えてなかったので、この人は何時間やってたんだと。

そんなことより、レダスがまだメンバーにいたことのほうが驚きでしたがw

とりあえず変わったメンバーで控えを蘇らしつつ、どんどん沈黙にかかっていく他の連中。

ガンビットちゃんと設定してる?との問いにメニューで確認してもらったところ、沈黙に対してエスナが設定されてました。全員。

ずぼらだなぁ。と思いつつとりあえず沈黙にかかるとやまびこ草を使うように変えてもらい、他にずっとバッシュがリフレク状態だったので装備も確認。

アクセサリーも見たのですが、何も付けていませんでした。
勝つ気ゼロです。

沈黙を防ぐアクセサリをつけた後、バルフレアことバルタン(命名:姉)にバブルの効果がつくアクセサリも付け、これでホワイトブレスも怖くない。

とりあえず戦闘前にするべき準備を、赤い線がミョ~ンと伸びて来る中終了。

後はもう消耗戦なのですが

姉「レダスうっといなぁ」
私「的になってくれるからええんちゃう?まあ、回復したりしてこっちのMPも削られてるけど」

彼が不憫でなりません。

その後やはりMPが底を尽きてきてエーテルを使用していたのですが

姉「エーテルもう4つしか無い」
私「全員MP無いからラストエリクサー使ったら?」
姉「こんなんに使いた無い。ってゆうかこのゲーム、エーテル少なすぎ」

エーテルが少ないのには同意ですけれど、向こうも体とかガンガン振り回すくらい必死なのだから。

とりあえず何度か全滅を繰り返しつつ、辛勝。

ぐったりします。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/35-b575da95

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。