鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。他人を見るだけで吐き気を催すあきねずみです。(昨日の挨拶は何?

ブログを初めて幾星霜(一年と一月足らず)恥も外聞もなく、心赴くままにヘドロのような文章を書き殴っては自己嫌悪に陥ったり自己満足してみたり、つまりまあ極小のマスターベーションを幾重にも折り重ね、今ここにあきねずみと言うげっ歯類が出来上がったわけであります。

げっ歯類と言うのは現存する哺乳類において最も繁栄している生き物の枠で、その生息域は南極大陸を除く全体陸。

つまり、ピカチュウは人類よりも上等な存在なので、貴様ら如きは彼の英雄殿に逆らうなと言う事です。ボールに閉じ込め放り投げては召喚して良いような、そこいらのゴミモンスターと一緒くたにしないで貰いたい。まして主戦力のモンスターのライフがやばいからといって、盾代わりにするなど言語道断。愚考の極み。浅慮にもほどがある。死で償えや猿どもが。
かと言って愛玩用にされるのも、ことこの事に関しては、げっ歯類の怒りを買うだけです。崇拝するべきなのですよ。ピカチュウを。
しかし、愚かなる人類はビックピカチュウがエロイと抜かす。確かにエロイ。不覚にも下腹部に血液が集中した事には、弁明の余地も無い。同じくらい腹筋が割れるほど笑い転がされたが。話がドンドン脱線していくどうしよう。興が乗るって恐い。

そうそう、ブログ等の自己表現によって、その年月を重ねるごとに現実の自分とは別の一個の像が出来上がっていくという話。(・・・えっ?)
内面世界がどうとかペルソナがどうとかは偉い人がやってください。よく分かりませんから。
私の場合、エロゲなりラノベなりアニメなりの感想を書いていくことによって、自己を見つめ直し、そこから取り出したものに言葉をつけることによって「それ」を認識出来る様になる。像が出来上がる、というのはそういった認識によって起こっているとか適当なことを言って見ます。
動機の言語化は自分を掴むカギ、と幻影旅団の団長も言ってるしねっ!

そんなこんなで自己を掴むきっかけと言うのは何か?となったとき、それは他人が多くを占めるのだと。人そのものでも本やゲーム、他人が作ったものに触れ、そこから自分の感想、自我を表に出し租借する。
そして、そんな自我を租借するために必要なのが、視覚。赤子が自己を認識できるようになるのが鏡面現象によるもののように、人間が得る情報で最も多くを占める視覚を刺激すればいい。

そこで私は考えた。ブログをやった、感想を書いた、人の反応を見た。ならば、自己認識の次のステップに移行すべきではないか?と。
いや、初心に帰るべきというのが妥当だろう。
視覚を刺激するのだ。ブログも視覚から得る情報だが、何処まで言っても文章であることに変わりなく、やはり視覚だからこそ得られるもの、映像を使おうと思う。

だから、見て欲しい。これが私の姿なんだと。そんなものを期待している人なんて誰もいやしないと思うが、このネットの隙間に自分の痕跡を残しておこう。
というわけで、自画像を公開します。

これが、俺です。




















キャラクターなんとか機が面白い、って言いたかっただけです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/337-b77bfa4e

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。