鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年末、と言うかこの先気になるゲームが多いので、ちょっと購入予定メモをば。

「Garden」 10/26発売
公式HPも覗いていないのですが、トノイケダイスケ・☆画野朗のゴールデンコンビ(もちろん尿的な意味で)に期待。
前作「さくらむすび」をいつかやりたいな、と思っていたら新作がもうすぐ出そうなのでこっちからプレイしてみようかと。

「Dies irae -Also sprach Zarathustra-」 11/16発売
公開されている体験版を二つともプレイしました。作品の持つ雰囲気と言うのがFateっぽいというより、どちらかというとデモンベインっぽい、かな?
体験版をプレイしたのが「鬼哭街」をクリアした直後とあってか、どうもこの作品のテキストのレベルが劣って見えてしまう。十分上手い文章なのですが、やはり虚淵玄さんと比べてはいけません。
シナリオの方は、なんていうか、ゴテゴテした感じです。ゴテゴテってなんだ、と自分でも分かりませんが、そんな感じです。痛烈なものはありそうにないのですが、純然たるエンターテインメントを求める気分でプレイすると吉、かも。
Gユウスケさんのイラストもまた素晴らしい。ちょっと小畑健さんっぽいイラストがグットです。

「そして明日の世界より―」  11/22発売
崩壊する寸前の世界が舞台。今までは、個人とその周りのみの崩壊を「こなたよりかなたまで」や「キラークイーン」「あの日々をもういちど」で書いてこられた健速さん。いままでとはスケールの違う基盤でどう健速節が炸裂するか、安全牌として購入確定であります。しかし、規模がどうあれこの方の書きたいことは同じはずなので真新しいものが期待できないのが悲しい。

「キラ★キラ」 11/22発売
挿入歌?の「O.H.B.I~校歌絶叫~」も公開し、キャンペーンイベントも行うなど精力的な広報活動とは裏腹に、期待の声が一部以外からは聞こえてこないのはしょうがない。売り上げもしょっぱい結果に終わりそうです。
SWAN SONGの時もこんな感じだったなぁ・・・発売当時は3000本しか売れてなかったのに、一年経つとプレミア付きそうな匂いです。
そういやSWAN SONGは先行体験版のために普段買いもしないテックジャイアンを買い、小躍りする気持ちで発売を待ち、発売日に届いた時に思いっきり弟にパッケージを見られ、あ~やっちゃったよコイツ、見たいな目で見られたのもいい思い出です?
とにかく、今年最大、本命中の本命。これをプレイするまでは死ねん。

「赫炎のインガノック What a beautiful people」 11/22発売
そういえば、嘘屋はめてお作品以外は買っていないなと思い、唐突に買ってみようかと。イラストは「Forest」の大石竜子さん。デモムービーもいい感じです。1122戦線がまずい事になってますね。

「G線上の魔王」  11/29発売
体験版をプレイした印象としては、デスノートやコードギアスをもろ意識して作っている事から、頭脳戦とは名ばかりのキャラゲーになることは見え見えなのですが、それでも車輪を書いたるーすぼーいさんの手腕に期待。あと、塗りが車輪とは違うなと思っておれば、「カタハネ」を作ったタルトのスタッフが参加しているのだとか。

「明日の君と逢うために」 11/30発売
イラストはアニメ等でも活躍されているまっぴーらっく氏。シナリオは鏡遊氏と北川晴氏の「はるのあしおと」コンビ。実は購入は確定なのですけれど、全然情報を追っていないのでどんな話なのかすら分からない状態。

「12RIVEN -the Ψcliminal of integral-」 2008年2月14日
発売延期キター。


また積みゲが増えそうですね。とりあえず、今はショコラをプレイ中。続けてパルフェ・こんにゃく、と丸戸史明フルコースを堪能したいところです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/326-8e317013

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。