鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アニメ版「School Days」見終わりました。
生きてて良かった、見たいな感じ。

人がゴミのようだ、と言うムスカ大先生の名言がありますが、正にゴミのような人がいたスクイズ。あの男はマジでどうにかしたい。
前半の退屈とも取れる展開も、1クールと言うことでの展開の速さや言葉様萌えの力で乗り切り、6話からの作画と演出の良さと鬱展開で盛り上がったまま、例の伝説の最終回へ。一気に見られたことにただただ感謝。これは原作も買うしか。でも、あのどうしようもない連中をまた見なくてはならないのかと思うと、軽く鬱にもなろうもの。言葉様の狂気と、刹那さんの清涼剤具合で乗り切るしか。

コミック版はV.G. NEOで原画を担当された酒月ほまれさんだとか。興味を惹かれるよりも、まず驚きました。酒月ほまれさんって漫画家だったんだ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/323-790d6e08

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。