鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴミ箱じゃん?
何でもあるけど、何にも無いし。
誰かしらとおるけど、誰もいないんだよね。
                        九月周



エロゲと葛餅があれば、それだけで生きて行けると思ってる私はケツの青い最新型のペースト菌ですか?<挨拶

マイルドセブン時々チェリーを嗜んでいる愛煙家の私めでございますが、マイルドセブンアクアメンソールに手を出しました。
煙草にはヤニ分と不味さを求めているので、最初吸った時には、なんじゃこりゃと。このすっきり感は何だと。こんなの煙草じゃないやい、などと他の銘柄も吸った事ないくせに思っていたのですが、ちょっと癖になりつつあります、アクアメンソール。
やっぱ他のも吸ってみるべきかしらん。個人的にはForestの灰流が吸っていたゴールデンバットに興味津々なのですが、何処にも売っていないのですよね。ああ、しょせん煙草なんてカッコですよ。

さて、煙草と言うのは元来、どこぞの王宮で王様が家臣にタバコを吸わせ、その香りを楽しみながら寛ぐのがハイソな生活だったそうですが、現在では、ご存知の通り随分とその様相を変えております。まあ大体は格好を付けたいだけでしょうが。

文化というのは様々な変化を遂げ未来へ持ち越されるもので、その最たるものが言葉でしょう。国の境目が言語の境目。海を越えれば根底から枝分かれて行きます。
そして、言葉の次に、人々の生活に密着しながら大きな変化を遂げたのが料理だと思うのです。

美食から珍味まで、人の舌を満足させたいが為に色取り取り多種多様な料理が日夜生み出されてはその姿を消していきます。
その料理を新しいステージに持っていくという行為は、何も料理を生業としている人に限った事では在りません。身近なところで母の手料理でしょうか。
しかし悲しいかな、母という人種には料理の才能が備わっている人が少ないと思うわけです。普通の料理ならこなせる人は多いでしょう。ですが、自分で料理を創作する、という行為においては駄目だと思うのです。家族のためを思って、新感覚の味を提供して今日の疲れを労いたいと言う無償の愛にはただただ敬服するのみなのですが、いかんせん裏目に転がる割合が多い、野球で言えば、イチローを超える打率を誇るほどに。
オカンの手料理が一番うめーよ、と公言したいほど母、牽いては家族の事を愛している私ですけれど、今日の晩飯の惨状には目も当てられないと。

ここでみなさんに忠告です。

たらこスパゲティには、青梗菜を入れるべからず。苦くなるから。

家訓にしたいと思います。

ちょっと魔が差しただけだと思うんですよ。たらこスパに余っている青梗菜を入れたらヘルシーでうれしー、みたいなギャグを臆面も無く言えるほどに。しかしその好奇心は九つの命を持つ猫をも殺すほどの愚考ではないかと。

しかし、九つ命があろうが、にゃんこしか殺せんのか好奇心。ペストだってもうちょいイイ線いってるぞ。頑張れ好奇心。お前は殺れば出来る子。

とりあえず料理も出来ない私ではございますが、料理を作る時には、これにこれ入れたらうまくなるんじゃね? 的な考えは捨て去ろうと思います。何事も無難が一番。材料があるからって一つにしちゃいけない。
ナンバーもオンリーもワンを目指しちゃいけないのだ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/297-bea00304

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。