鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関西では昨日、といっても深夜二時半くらいから放送されたコードギアスの特番の感想でも。
ネタバレ全開なのでお気をつけあれ。

A20070729_191827796.jpg


劇場版か、と言ってしまいたくなる位、

作画にサラサラ感、

ふんわり感が漂っておりました。


理解は幸せ。

焦らされただけあってワクワクしながら見ていましたですね。

この特番を。



A20070729_192008046.jpg



ともかくおとなしくしてくれんか。

特番を見たことで貴公(奇行)の脳細胞は・・・



A20070729_192023609.jpg



いいわけ無駄っ! 

約三ヶ月、焦らしに焦らされた挙句、

さらに焦らされる形で所感を頂きましたっ!!



そんな訳で最後には更に焦らされたコードギアス特番の感想でも。

しょっぱなからスザク君がぶち切れなのが素敵。紅蓮対ランスも、やはり紅蓮の燃費はいいとしてもランスが空を飛べる事と武装の少なさや決定打が一つしかない紅蓮では軍配はランスに上がって当然か。パイロットの腕の差もあるでしょうしねぇ。でもやっぱり紅蓮の戦い方カッコよすぎで鼻血出そう。
そして意外と熱かったのがコーネリア対ガウェイン。スペック的にはガウェインの方が圧倒的ですけれど、やはりデカイ分懐に潜り込まれると成す術もなくやられていく、と。
でも、ルルーシュって今まで雑魚と長距離砲での戦闘しかしていないから、普通に戦ったら一番弱そうですねw

そしてC.C.のニュータイプ並みの直感(違うけど)でナナリーがさらわれた事をに察知しナナリーの元に向かうことになり、直後に我らがオレンジの登場。オールハイル・ブリタ~ニア~。
まあ、彼はどうでもいいや。ネタ以上の存在じゃないし。
ナナリーを追うことでゼロが戦線から離脱したことにより、メッキが剥がれた様にブリタニアに押され始める日本解放戦線。結構ちょくちょく出てきたキャラクターも死んでいき、この後大丈夫か黒の騎士団は。別に大丈夫じゃなくてもいいけれど。

そして、なんかガウェインをパクッた島あったじゃないですか、名前忘れたけど、あそこにナナリーが捕らえられており、ルルーシュ、スザク、カレンがその島に向かい、スザクによってゼロの正体が暴かれ、ゼロがルルーシュだという事を二人が知るのですけれど、そこでカレンが

「アナタは日本人を利用していたの? 私のことも・・・」

と言うセリフが在りましたが、黒の騎士団の方針としては、強気を挫き弱きを助ける、だったはず。結果的に合衆国日本(バサッー)を作ろうとしただけであったのでゼロの正体がブリタニア人だとしても別に構いやしないのでは、と思ってみる。キョウトの力を借りたのだって、その方針のための手段でしかなかったわけで、利用していたの? と聞かれても、頷くほか無くね?

最後のシーンで今まで男らしさ全開だったスザク君が、今までどおりの偽善者全開で遂に来たかと言う感じに。

「お前の存在が間違っていたんだ! お前は世界からはじき出された! ナナリーは俺が・・・!!」

もう、ここに来るまで散々人を殺しておいて、ユフィのことしか頭に無いくせに、人の事どうこう言えないぜっ、お前bb
やっぱスザク君はこうでなくては。偽善者万歳。見ていて惚れ惚れとしますね。


で、ルルーシュとスザクが撃ち合って特番終了。( ゚д゚)
えぇーこれ以上焦らさないでー。とか言いつつ、やっぱ二話程度じゃしょうがないか、と。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/266-d0fd339b

レビュー・評価:コードギアス 反逆のルルーシュ/Stage24『崩落のステージ』・25『ゼロ』

品質評価 15 / 萌え評価 10 / 燃え評価 6 / ギャグ評価 16 / シリアス評価 35 / お色気評価 19 / 総合評価 17レビュー数 320 件 24話『崩落 の ステージ』一斉蜂起したイレヴン達を率いてブリタニア政庁を目指す黒の騎士団。それを迎え撃つべく出陣するコーネリア。その租

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。