鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんかこの作品って、エロゲプレイヤーならば感想書かなきゃげな雰囲気?(妄想です
というわけで戯言シリーズで感想を書くことなんて無いと思っていたらやたら面白い事書いていたので喰いついてみる。(喰いつくとか言いたかっただけ

物語論者の狐さん曰く、世界には確固とした物語の流れがあり登場人物はそのストーリー通りにしか動く事は出来ないという事。
その物語で重要な部分、展開が何らかの要素で起こらなくとも、時系列を入れ替え、場所も違う、いつかのどこかで、その展開または行為自体は発生し不確定要素があろうともストーリーには影響を及ぼさない。
狐さん命名バックノズルというものと、バックノズルが起こらなくとも別の誰かが同じことを体験し、物語自体には同じ意味を成す。狐さん命名ジェイルオルタナティヴ。
誰かが運命に逆らったところで物語が元と形に戻ろうと、その不要分子を修正する。
物語の出発点から無数の選択肢があり無限に近い可能性があろうとも、結局終着点は同じ物となる。

でもそれは結局IFの世界を観測出来たらの話。
それが出来ない限りは、時続きで起こっているこの世界の出来事は最初からそう定められていた、と言い切ることが出来ます。(狐さんに会いたいと思い名詞を持って診療所を訪れ、偶然狐さんに出会ったシーンが有り、そこで僕はその仕組みを確信しそうになりますが、出会ってから同じ意味を持つ出来事が起こったかどうかは確信できない)

そして、もしIFの世界が観測できたなら。
ここで登場するのがみんな大好き(!?)銀色のシールが眩しくて目に痛くて頭に痛い年齢制限付き大人の嗜みじゅーはっきんげ~む。エロゲです。(ぉぃ
エロゲではIFの世界で様々な結末を迎え、数ある結論へと導かれていき、ただ一つの運命なんて無いように思う。
それはマルチエンディング型のエロゲの場合でトゥルーエンディング型の「Forest」や「何処へ行くの、あの日」では違う世界(バットエンドやサブヒロインとのエンド)があったとしてもトゥルーエンドが最後の最後に待っており、バラバラの結末を見た後のプレイヤーによって真の結末を見せられる結果になる。
これは運命が一つしか無いと言う事ですが、マルチエンディング型でも言ってしまえば運命は一つしかないのかもしれません。
一人のヒロインを攻略しようとその選択肢を選べば、固有シナリオへ入っていき、バットエンドを迎えようが最終的にはそのヒロインのエンディングへ向かうわけですから、一人一人の登場人物に運命が定められていると。

物語は定められた結末しか迎えられないけれど、物語は一つではなくその人個別に存在している、とか考えたり。

いや、めっちゃ当たり前のようなことほざいてますが、言わば物語の中に登場人物が存在するのではなく、登場人物の中に物語が存在している、と言い換えてお茶を濁してみるテスト。

そう考えていくとこの戯言シリーズがエロゲ的、というかキャラ重視の作品としての着地点もそこそこ見えてきたような見えないような。
そんな感じで。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/227-65726265

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。