鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年も、家のガレージに張った巣にツバメがやってきました。
私が生まれる前から張ってあった巣はもうツバメたちが壊してしまったのですけれど、いまではなぜかガレージにツバメの巣が2つもあるのです。
一つは蛍光灯のちょっとした出っ張りに作った歪で不安定な物で、巣が出来た当初は面積が小さすぎてよくツバメの雛が落ちて死んでいました。可哀想だなって思って庭に埋めてやろうとしたら、そのツバメの雛の死骸を近所のネコが咥えてどこかに持っていってしまいました。そういえば近所のネコには飼っていた金魚もしこたま咥えて持っていかれていたなぁ。金魚はまだ生きている状態でしたが、ツバメの雛は死んでいたので苦しまなくてよかったな、と思います。

そういえば、近所のネコはよく家の庭で遊んでいるのですけれど、たまに庭の持ち主であるところの我が家に蝉の死骸を並べてくれています。
いつも使わせてもらっているぜ。なんてネコからのご褒美かしらん。その死骸を埋めてやらなきゃいけないし、気色悪いったらありゃしないので要らないにも程があるのですけれど、気持ちだけは貰っておこうと。気持ちなんて出された瞬間に受け取っているも同然ですが。だって気持ちは物理的なものじゃないから目に見えないじゃない。そんなものどうやって事前に避ける事が出来るのかしらん。貰った後に捨てるも放り投げるも自由ですが、カビが生えて腐らせるのがオチなので相手に返すのが一番なのでしょうね。良きにしろ悪しきにしろ、返答って大事だなぁと思います。思えます。思えるだけの精魂たくましい人になりたい。そこからかよ。とセルフ突込みをしつつ、何の話だっけ?と頭を捻る瞬間、さらにそれ以前の問題なのでしょうと、気付くの、であった。

そうそう、ツバメの巣が家のガレージに二つもあるって話。
もう一つは天井から出っ張っているコンクリートに作られたもので、こちらは至って普通の巣でした。
どちらの巣にせよ、下にある自転車やバイクがツバメの糞まみれになるので困った事には変わりなく、いつも自転車にビニールのシートを被せて防いでいるのですけれど、困った事にツバメさん、狙ったかのように、実際狙っているのじゃないかと疑いたくなるくらい、正確無比にビニールシートからはみ出た自転車の細いハンドルばかりを狙ってくださいます。参りました。

いつもは片方の巣にツバメがやってきて、そのツバメが出て行くとタイミングを見計らったように別のツバメの番がやってきます。
しかし、今年はその二つの巣へ同時にツバメがやってきたのです。
ピーチクパーチク喧しい事山の如し。大量に居るツバメの雛が動かざる事PCの前に座ったオタクの如し。
難儀なものです。難儀なものでしょう。
そして私はいつもの様にツバメの巣の前に立ちふさがり、うりゃー!と手を伸ばして雛がおっかなびっくり巣に引っ込む様や、エサがキターとテンションを上げている雛の様子を嬉々として眺めて親鳥がエサを上げようとガレージに入ってくるのを邪魔しています。ツバメさんごめんなさい。

暇なのか。お前暇なのかと言われそうですが、そこはどっこい今日って本来休日の日に出勤をしたときの振替休日なのですよ。月曜日に休みだなんて、なんて胸躍るシチュなのでしょう。
午前中に服とか薬とか散歩しながら牛小屋を覗きたいなぁなんて思っておりましたが、そこはオタク。やっぱ撮り溜めているアニメを消化するしかないでしょ。でしょでしょ?
とりあえずフォルダを開いてみると、溜まったアニメの本数は実に70本以上。こちらのアニメ見るぞー!的な心根を挫くには十二分に値するほどの物量へは、泣き笑いの表情で白旗を振って然るべきだと言うことはあまりにも必然です。
流石に無理だよ。と根を上げましたが、とりあえず「らき☆すた」は消化しました。
「らき☆すた」ってラッキースターの略なんだぜ。などとどうでもいいことを一人ごちて観賞。気まぐれに買ったコンプに載っていて興味を持ち単行本も一巻だけもっているけれどもう集めてないな、と感傷。早送りにして干渉。この作品はパロネタを楽しむもので、知らないネタだと楽しめないのだけれど、元ネタを見たこと無くても多くの人が知ってはいる有名なネタを使っているのだなと観照。

そしてその「らき☆すた」で夏祭りの風景が出てきたのですけれど、その夏祭りの模様を見てCARNIVALのことを思い出しちょこっとだけ再プレイ。
ちなみに今回の日記のタイトルは、ゲームの最初に出てくる文章だったはず。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/209-c98a5d43

ツバメの巣は、人けの多いところに作る

確かに人通りが多ければ、カラスや蛇などはあまり寄ってこなくなりますが、そもそも人間を天敵とは思っていないということなんですね(´・ω・`)まあ、よほど都合が悪くない限り、ツバメが巣を作ってもそれをどうにかしようということもないと思いますが、とりあえずツバメ

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。