鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日からダダヘコミの日々を送っているのです。まさか五月病のうえに会社で自分がしでかしたミスや、上の人間のやらかしたことのツケが私に回ってきたり取引先が信じられないようないい加減な事をしたりなどなど、深く沈むような出来事が立て続きに起き、落ち込んでおりますの。
そんなときに先輩から言われた
「会社やめたらアカンで」
という言葉が今でも耳に残っています。
私が普段からやる気なさげなのも原因だと思いますが、自分はそこまでの境遇なのかとそのとき気がついたのです。やめてもおかしくないような状況なのかと。
けれども世の中にはもっと苦しんで生きている人だっているはずですし、こんなことで色々な事を放り出してもしょうがないと思うのですよ。
私は今まで物事の後ろから遠くを眺めるようにして、すぐに逃げれるよう準備をし、そしていつだって逃げてきました。
逃げ切れるわけなんて無いのに。逃げても自分が苦しむだけなのに。
だからこそ今、真正面から逃げずに取り組んでみようと、これ以上は負債を払う能力も逃げるための浅知恵も磨り減って残っていません。
追い込まれなければ逃げる足を止めないなんてなんて卑怯だとは自分が一番よく分かっています。
今までのことを巻き返すことなんて考えていませんし、人を幸せに出来るなんて思っても無いのですが、それでも大切な家族をこれ以上私の身勝手で振り回すわけにも行かないのです。

やめることは聞くほどに簡単ではなく、責任や周りにいる人のためにも自分は今を続けるでしょうし、呪いと言うほど絶望的では無い筈で、また、これは自分からはじめた事でもあるのですから。
自分からはじめる、なんて本当にいつ以来でしょうか。流されて、流れに逆らって逃げてきて、こんなとこまで来てしまいましたが自分からはじめたことのケジメをつけるまで今を続けようと思えるのなら、例え太刀打ちできなくても、負け続けようとも、勝ち目なんてどこにも無くても、立ち上がる力なんて残ってなくとも一つだけ分かっていることがあります。
それは自分自身に向けた言葉で、胸を張ってではないけれど、目を合わす事さえ出来そうにないけれど、声なんて消え入りそうだと思いますけれど、私は私に向かってこう言えます。


「お前はまだ、戦えるはずだ」 と。


多分その一言だけで、私は今ここにいます。




二日も続けて頭悪い事考えてたら疲れた~。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/203-5c41fe23

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。