鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
帰りのバスでふと窓の外を見てみれば、ほっかほっか亭の立て看板に“春ご膳好評発売中”の文字が。
こんな片田舎の中途半端な立地条件においてキャンペーンをする意味というものが果たしてあるのだろうか?などと思いましたが、そこはやはりチェーン店だからやらざるを得ないのか、または春ご膳は本当に看板通りに好評なのだろうか。
そもそもこの弁当屋は顧客の満足度(CSだったっけ?)や集客をするキャンペーンなどに意味というものがあるのだろうか。しかし近くに他の弁当屋も無いというのにも関わらずキャンペーンをするということはやはりそこに意味があるのだろうと思う。
分かりやすいライバルとしてはコンビニ弁当などで、そこと相対するようにメニューを増やしサービスを増やしこの業界を死に物狂いで駆け抜けているのでしょう。

そしてバスは進み、次に見えてくるのが餃子の王将。看板にはバイトの募集しか見えません。さすが餃子の王将。王の名を冠し、旗に“世界一の餃子”と掲げているだけの事はあります。こんな田舎で世界一と謳われる餃子を口にする事が出来るというのは、なんて素敵な事なのでしょう。
私はこの店がキャンペーンをしているところなんて見たことがありません。(私の記憶力の無さと言うか、餃子の王将に対しての関心の薄さから来るものではないはずです。多分)
ここまでストイックに餃子一本で勝負している王将に、私は会員カードを作ることすら吝かではありません。(もちろん覚えていたらの話)
何がいいたいかと言うと、この餃子の王将は下手なキャンペーンなどをするまでも無く客に対して常に満足のいくサービスを提供しているのでしょうねって言いたかった。それだけ。
今時ネトゲだって客を骨の髄まで食いつくし骨についた自分の唾液すらも啜りとると言うのに、餃子の王将って素晴らしい。(あの店がやる気無いだけかもしれないが。競争とかそういったものを単に諦めているだけかもしれないが。・・・そっちのほうが説得力あるなぁ)

このように様々な手段やスタイルでもって利益などを求めていくのが普通だと思いますが、一方エロゲはどうなのでしょう。
いや、サービス業と娯楽媒体を比較しても比較にも対比にも何にもならん事ぐらい分かっているつもりですけれど思いついただけですので。ちなみにほっかほっか亭と餃子の王将は消費税徴収の区分でサービス業ではありませんでしたね。確か。よく覚えてないけど。間違いだらけだ。


私は今、かの有名な月姫をプレイしているわけですが、この作品は同人で発売されたにもかかわらず人気を博し、未だにその熱量はエロゲオタを蝕んでいると聞きます。
この月姫のジャンルは伝奇ノベルと言う事ですが、伝奇物でしたらエロゲで有名なところを上げると「雫」が代表されると思います。しかしその雫は月姫のように多くの人には受け入れる事は無かった。(私は興味津々ですが。そういえば奈須きのこさんは雫をプレイしてエロゲを書こうと思ったのだかどうだったか)
同じ伝奇物として多くの人に受け入れられ、また後のエロゲに伝奇ブームなどを起こす事になった月姫にはなにがあるのか?

それは、今までのエロゲになかった少年漫画的な面白さ、なのかなぁ?(知らんがな
そーゆーことで話し進めよ。

それまでのエロゲと言うと日常描写に特化したものがほとんどで、日常と非日常の境目が明確に現れるのは陵辱ゲーが主だったもの(のはず)で月姫のように戦闘描写などは無いに等しかったのだと思います。

やはりエロゲと言う事で圧倒的に男性のプレイ率が高いと思うのですけれど、男は誰だって死ぬまで少年の気持ちを忘れないものなのですよ。そこでその少年心をくすぐる(その心の持ち主が18歳以上ばかりでなぜか泣きたくなるが)少年漫画的なバトル物の要素を取り込んだエロゲに、大きなお友達が食いつかないはずがありません。多分。

設定も非常に興味深いものになっており、そこもまた我々が引かれる所以でしょう。
その設定は確かに凝ったものやエロゲ以外の小説などに比べれば拙い、と言うのはいい過ぎか、チープ(余計直接的だ!)でしょうが、凝ったものや先進的なものよりも何より我々の感性を刺激します。
うわっカッコいい。すげぇー。と言うのが正しいのだと思います。

それらの新しい風をエロゲに送り込み、同人であるにも関わらず今だ語られる月姫は、それだけに留まらずキチンとエロゲ本来の面白さも損なっていません。
全体的な陰鬱で淫靡な雰囲気、そしてトゥルーエンドでは泣きゲーに見られるような別れを描きエロゲの出会ってすぐ恋に落ちて運命の恋愛をする、みたいな刹那的な物悲しさと夢のような時間を提供してくれます。
逆にノーマルエンドは少年漫画的な大団円を描いたのではないでしょうか。その対比も面白いものでしょう。
これらのエロゲ的、少年漫画的な面白さの融合がここまで人の気持ちを惹きつけるものとしたのでしょうね。


さて、散々この作品を賛美してきましたが、「面白いんだけど、ぶっちゃけ自分としてはアルクルートだけで書くことねぇっすwwww」と言うのが正直な感想です(マテ


<月姫感想一覧>

月姫 シエルルートクリア

月姫 琥珀編雑感

コメント

ちょwwwこの壮大な話のオチがそれとかwww
一本とられましたねw

たしかに月姫は先駆け的存在のような気がしますね。
あれを機に爆発的にエロゲというジャンルが広がったのではないでしょうか?
まぁ、あんまりよくわかんないですけどww

やっぱ芸風っすから(コラ

>あれを機に爆発的にエロゲというジャンルが広がったのではないでしょうか?
その辺私も詳しくありませんが、ユーザー層にも広がりを見せましたよね。
主に女性層とか。ただエロイことするだけじゃないんだ。と言った感じのイメージをあたえエロゲーマーに引き込まれた人も多いのではないでしょうか。よくわかりませんがww

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/190-865f67bf

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。