鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世の中には幸もあれば不幸もある。生もあれば死もある。光と闇。正と負。渡り鳥と寄生虫。片刃と両刃。振り上げれば振り落とす。左右対称、上下逆さま、比較対象なんでもござれの世界のバランス感覚は絶妙にして巧妙にして臆病なくらいに慎重だ。

例えばRPGがある。そこには世界を混乱の渦に叩き込んだドラゴンがおり、そこに住む人々は大変迷惑をしている。
そこへ勇者の登場だ。初めは存在感の欠片もない主人公が、段々と強くなり支持を集め悪いモンスターを蹴散らしお姫様を助けてハッピーエンド。悪があればそれを駆逐する正義が存在する。
実に解かり易いバランスの構図。

だが、そのハッピーエンドの後も容赦なくそのバランスの構図は構築される。
悪いドラゴンを倒した後の勇者の行動は記録されない。存在したものは、忘れ去られ、または初めから無かった事になり新たなものに淘汰され完膚なきまでに存在感を薄れさせた者は一瞬の後、露へと消え去る。

運命の天秤に誰かの手首を切り落とし無造作に投げ入れたとしてもその次の瞬間、自分の手首が反対側に乗っており天秤は元の位置へ。
揺れ動いたが、それは揺れ動いたと言うだけ。
天秤が天秤であるが故に均等を守り、天秤が天秤であるが故の動作を頑ななまでに遵守している。

人の価値、生きる意味、今まで積み重ねた事、これから伝えていく事。そこに何かを求めるが、その後は何も残らず、ただ天秤を揺らしただけという事実がある。その事実すらも時の忘却によって無為と化す。
全ては圧倒的なまでに無意味なのだ。

そして、今日のこの日の出来事も例に漏れず無意味だったのだ。

なぜなら・・・



早く仕事が終わったのにも関わらず、電車の中で眠ってしまい乗り過ごしちまったのだ。いつもの時間に、ただいま、ですよ。


<追記>
ケロさん、灰音さん、復活おめでとうございます。

コメント

>>早く仕事が終わったのにも関わらず、電車の中で眠ってしまい乗り過ごしちまったのだ。

この行まで「ふむふむ・・・・・」とじっくり考えながら読んでいたのに、やっぱりオチはそうきますか(笑)

>やっぱりオチはそうきますか
芸風ですから(ぉ

わざとらしい前振りがあれば、オチなんてそんなもの。と言うことですよ。
世の中は等価交換の平等ですから(上手くまとめたと思うなお前

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/188-6c3690aa

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。