鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早速・・・いや世間的には発売してから結構経っているのですかね。まあいいや。読んだから感想ですよお前さん。
今回のデモンベインは短編なので一つ一つ行きます。

ド・マリニーの時計

何この懐かしさ。あとがきにも書かれていましたが、キャラを一通り見せながらブラックロッジと小競り合いをし、アルのページを集めると言う流れはまさに原作ゲーム序盤の流れそのもの。
古橋氏お得意の時間物でしたが、タイムパラドクス?なにそれ?こっちはご都合主義(デウス・エクス・マキナ)なんで知ったこっちゃねぇよ、とでも言いたげな突き抜ける展開には拍手。
あとは、エルザの出番を増やしてください。切実に。

遺跡破壊者

ハヅキの太ももと尻が最高でした。ありがとうございました。
今回はドクター・ウエストが主役見たいな物で、程よく色物臭を発しながらおいしいところを持って行き最後には本当の主役に道を譲るものかと思っていましたが、彼こそが・・・本当の主役だ。
話の流れ的にも、今までの小説版デモンベインを髣髴とさせるような宗教的な超科学的な大迫力的な混沌が渦巻いていて、古橋デモンベイン読んだーって気にさせる一本。

破壊への序曲

ストーン君の唄を正座して聞いているドクター・ウエスト・・・萌え。


どうでも良いけれど、ド・マリニーってなんか新種のマロニーみたい。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/177-f4826a79

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。