鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嫌です。死んだって言っといて下さい。<仕事でややこしいのに絡まれたときの常套句にして今回の挨拶

あの会社、死んでくれないかな。今年の短冊にでも書いて吊るそうか。そうしよう。


さて、相も変わらず散財して来ましたのでここで晒し者にでもしようかと。
今回は通勤時間に根性出して本読もう強化月間なので、エロゲが無いと言う事に軽いショックを隠せません。
いや、これ以上積みゲを増やすのもどうかと思ったので。
・・・復刻版 「螺旋回廊」 は買いますが。


<小説>

斬魔大聖デモンベイン ―ド・マニリーの時計―

僕らの愛すべき既知外ドクターウェストが大活躍。と言う事だそうで、今から脳細胞が死滅するほどに楽しみでしょうがない一冊。


クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言使い
クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識
クビツリハイスクール―戯言遣いの弟子
サイコロジカル〈上〉兎吊木垓輔の戯言殺し
サイコロジカル〈下〉曳かれ者の小唄
ヒトクイマジカル―殺戮奇術の匂宮兄妹
ネコソギラジカル (上) 十三階段
ネコソギラジカル (中) 赤き征裁VS.橙なる種
ネコソギラジカル(下)青色サヴァンと戯言使い


どう見ても今更戯言シリーズです。本当にありがとうございました。
本当は壮絶電波本のニンギョウガニンギョウから読んでみたかったのですけれど、ここは手堅く戯言から。
私の座右の銘は 「無難にときめけ!」 ですから。(嘘


DDD 1

何だかんだで奈須きのこさんが好きみたい。なんといっても私の中で、抱かれたいシナリオライター第6位ですから。
月姫は絶賛停滞中ですが。


マルドゥック・スクランブル The First Compression―圧縮
マルドゥック・スクランブル The Second Combustion―燃焼
マルドゥック・スクランブル The Third Exhaust―排気
マルドゥック・ヴェロシティ 1
マルドゥック・ヴェロシティ 2
マルドゥック・ヴェロシティ 3


相当の鬱作品と言う事で涎が出るほど楽しみです。いや、なんていうか本当に今更ですね、マルドゥックなんて。


絶望系 閉じられた世界

涼宮ハルヒの憂鬱を書いた谷川流さんの作品。
ハルヒはアニメ化した時に、アニメのクオリティに熱を浮かされ読んでいなかった7巻8巻を読んだのですが、うんざりしました。
よほどの高評価でも聞かない限りハルヒはもう買いません。
それよりも、学校を出よう! の続刊を出しておくれよ。
ちなみに涼宮ハルヒを読もうとしている人へ推奨したいのは、1巻目の憂鬱 (流し読み推奨) →3巻目の退屈 (流し読みで十分) →4巻目の消失 (これだけは普通に) だけ読めば良いと思いますよ。
何て言うかハルヒがつまらないのではなく、無理繰り続けさせようとするラノベ商法が悪いんだと、そう感じさせるものですよ。
ですが、この絶望系は一巻で終わっているという事で期待は膨らむばかr・・・う~ん。


実戦 小説の作法
シナリオの基礎技術
映画 テレビ シナリオの技術
国語教師が知っておきたい日本
プロ作家養成塾―小説の書き方
ベストセラー小説の書き方


・・・もうちょっとちゃんとした文章とか日本語とかを使いたいなぁ・・・なんて。


<CD>

ロックマン テーマソング集

「パパはね大人になったらロックマンになりたかったんだ
ロックマ~ン ジャーンプ!」
て言うCMありましたよね?
そのCMはロックマン8の物だったのですけれど、そのロックマン8の主題歌ガネーシアさんが歌う ELECTRICAL COMMUNICATION が昔好きだったことを思い出しつい購入。


マウスchuマウス

なぜここに来てモモーイなのか・・・よく分かりません。


グリーン・グリーン3 ~ハローグッバイ~ オリジナルサウンドトラック + コンプリートアルバム2001~2005 18 songs Memories

グリーングリーンのゲームを買うことは無いと思うのですけれど、音楽は好みなので購入。
やはり Like a Green は名曲。


以上。
本ばっかりだったら重かった・・・

コメント

死んだ・・・・といえば、最近エロゲ会社の倒産が凄まじいペースで
加速化してきているので少々心配しています。
(先月はTarteだとかあんくだとかスタジオみりすだとか・・・)

>>それよりも、学校を出よう! の続刊を出しておくれよ。
興味本位で1巻だけ先日購入しました。
私もハルヒよりこちらの方がシナリオ的に好きですね。

>エロゲ会社の倒産
確かに色々と心配ですよね。エロゲ会社ではありませんが、少し前もKIDも倒産してしまってどうなっていくのでしょうね。

学校を、出よう!は2巻目以降SF色が濃くなってくるのですけれど難解では無く、専門的な知識が要らない分かりやすい面白さが前に出ているので続きもおすすめですよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/176-98bbe431

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。