鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日は帰ってからネット巡回して「おいしい魔法のとなえかた。」のムービーを見ていたら日付が変わっておりました。
無駄にクオリティが高いですねw
シス×みこCCホスピタルのムービーを彷彿とさせる様な (ムービーは同じ人が作っているのでしょうね) アレには、エロゲー好きでよかったのかな、とか思います。よかったのだ、と思いたい。


さてさて、各地で「いつか、届く、あの空に。」の感想がぼこぼこと面白いように出ていますが、みんながみんなして苦笑しているのには傘から汁物吹いたw
あと皆さんの感想で共通しているのが、「ある縛りの中で登場人物がどう動くのか」を書いていらっしゃいますよね。
強烈な下地があるストーリーラインの所為でもありますが、舞台となった街は言うまでもなく縛りを持ち、他にキャラクターの名前、家柄などは細かいところにまで強引なくらい意味を付け、縛りを固めています。
そうして縛られたのは登場人物だけではなく、情報を与えられ続ける読み手も同じなのでどうもこの作品を肯定している人、否定している人関わらずにライターさんの掌で踊らされている感が強いなと。
そういった意味では、既存の様々な作品を思い起こさせる「いつか、届く、あの空に。」は(思い起こすと言うよりも何度も言っていますが、この作品自体に下地となる話があります)私の中では某交差している例の作品の影が強く、つまりは支点が濃いかと。あの作りからしてそうやって思い起こさせる事自体がもう踊らされているようなものですが。

コメント

やばい、縛りについてほとんど触れず
言いたい放題やってしまった… orz

まぁ、いいか(マテ

確かに評価の分かれる作品でしたねぇ。
好きだけど、オススメは出来ないみたいな^^;

>やばい、縛りについてほとんど触れず
>言いたい放題やってしまった… orz
特定の思考を持つ人たちの感想ばかり読んでいたので、あんな書き方になってしまいましたw
縛りについて書くというより、プレイヤーが縛られていると言う事も書きたかったような。

>好きだけど、オススメは出来ないみたいな^^;
現実性を求める人には絶対にお勧めできませんよね。
でも、現実性を求めるエロゲーマーが居るかと言われると疑問が残る罠。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://wariniawanai.blog75.fc2.com/tb.php/148-05ec533c

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。