鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の中では隠れた名作「ラブリー・ラブドール」の所感。隠れすぎて見つからないのでちょっとだけでも普及活動として感想を書いてみたのですが、所詮数年前のゲーム。今更何をどうしたところで、と言ったところですがまあいいや。心がパンクして頑張ろう。

なんか無性に抜きゲがやりたい、と思い三千円以下のエロゲでもないかしらん、と探した結果引き当てたのが「ラブリー・ラブドール」でした。
この作品は、ダッチワイフもといラブドールが突然家に送られてきてそのラブドール「アイリ」とエッチ三昧な日々を送るというもの。
突然家にラブドールが送られてくるって凄くね?もっと凄い展開は世の中にゴロゴロとしていますが、ラブドールですから用途が一つしか思い浮かばないということに驚愕を感じえないのでした。エロゲだから当たり前?否、断じて否である。空からヒロインが降ってきたりしても、道端でネコ耳ヒロインを偶然拾ったとしても、突然送られてきたラブドール/人形がヒロインでした、というのは逆の逆は表と言った展開で驚きなのです。
もちろん(?)このラブドール「アイリ」には人によって作り出された感情や肉体に与えられた刺激に対しての反応も存在し、喋ったりエッチの時に感じたりする事も出来るのです。
そしてこのゲームの一番の見所といえば、コスチュームプレイ。好みのコスチュームを着せて様々なシチュエーションを堪能できるという、実はそのシステムだけで購入を決定してしまいました。スク水万歳。
そしてプレイしてみて思ったのですが、案外シナリオがしっかり作ってある。
与えられたものしか持たない機械の頭とシリコンで出来た体とで、主人公との交流(エロですが)を通じて新たな感情を獲得していく、と言った様子が丁寧に描かれており、抜きゲを購入するとき、イラストとシチュ重視の陵辱物中心に選んでいたので、こういったゲームをするのは「いたいけな彼女」と同等の驚きがありました。


人形と人間との恋物語、というのを「ちょびっツ」くらいしか見た事が無かったので(EVER17の空さんはどうもギミック寄りの話でしたし)このラブリーラブドールは新鮮でした。
基本的には終わりが見えている中で、主人公がヒロインの為に走り回って頑張って、それでもダメで諦めて周りの人からの助けを借りる、と言ったもの。
次第に心を持って主人公に接していくヒロインの姿と、そのヒロインに心を引かれて戸惑いながらも自分の感情を受け入れていく主人公と、その二人の様子に戸惑う周りの人物。アンドロイドと人間の物語ではこういったものが王道ではないかなぁ、とか思うのですが、先の読める展開なだけとも言いますか。けれども、アイリ編ラスト付近でのアイリと別れた後の主人公が、アイリと過ごした日々との決着を付けるシーンは、真摯に過去を受け止める気持ちの表れを描いており、この作品の終わりを飾るに相応しいシーンでした。その後もまだ続きますがね。

さて、残念だった点なのですが、まずこのゲームの主目的であるところの毎晩行われる着せ替えエッチなのですが、着せ替えエッチ自体はシナリオが進行していくにつれ感情移入度も高まっているので大変満足する内容(もちろん亜鉛を消費する的な意味で)にも関わらず、そのエッチ自体が物語とはリンクせず物語自体の選択肢によって進行してしまうというのが少々残念。やはりエッチを主として扱っているのならば、プレイの内容などが物語に影響を与えるようにしても良いんじゃないかしらん、などと思ってしまう。やはり、愛のあるセックスに対してアイリが愛情というものを感じ取って二人の関係が本物になっていく、と言った展開でもよかったかなぁとも思う。そういったことをするには、絶対的にアイリの描写が欠けていたようにも思う。
主人公を写し出す時には一人称で、ヒロインを写す場面となると三人称になってしまうのですが、ここはアイリの一人称がみたかったなぁ。SMプレイの時のアイリが可愛すぎただけに、「青い涙」や「CARNIVAL」のようにヒロインの視点も入れて欲しかった。その点、「いたいけな彼女」では、ほのかのオナニーシーンでの心情吐露が痛烈な衝撃を持ってきていた。まさかオナニーシーンで泣くとは思わなかったわぁ。
さて、アイリの描写が欠けていたのには、アイリが人形だからということもあったか。しかし、彼女の製造された過程が顕わになったとき、彼女の視点での周りの見かたというのも興味があった、と言った感じ。

あれ?残念なところの方が長くなったぞ?
とか言いつつ、さらに重要なネタバレをしつつ残念だったところでも。

⇒続きを読む

スポンサーサイト
さて、どうしよう。何がって時間が余ったのですよ。あまってないのか。実は仕
事中でして、ブログでも書こうかな、なんて思ったのですけど、流石に資料作ってい
る振りしてワードで記事を書きつつアップする、なんてことが難しいのです。早く帰
りたいなぁ。
隙を見つつ記事を書き溜め、自宅のPCにメールで送ってアップする・・・臨場
感に欠けるのですがこれが限界か。くそぅ。何かこう、もっとワクワクドキドキ感が
欲しい。
今、職場から更新してますっ!!・・・みたいな。
そういえば土曜日は出勤するかわり、月曜日が休みなのですよ。火曜日の祝日と
合わせれば3連休だ。なんて素敵な響き。3連休という字面を見るだけで軽く達してし
まいそう。
平日の休みは何をしよう。とりあえず病院に行って塗り薬を貰ってこなくっちゃ
。嫌だな、病院。なんでいつ行ってもあんなに込んでいるのだろう。待たされるのが
長いから病院と風俗は嫌いなんだ。待っている間に本でも読もうかしらん。風俗でも
待っている間に本とか、ラノベとか読んでいたら軽く引きますよね。なにこいつ、官
能小説でも読んで気分高めてんのか、とか思われるのでしょうか。試して合点。


というメールを送り、昨日更新しようかなぁと思っていた事を自然と忘れてしまっていました。
さて、一狩り行ってきます(´・ω・`)
ヴィーナス&ブレイブスのチームが作った新作ゲームという事でメモメモ。



流石にWiiを買ってまでプレイできそうも無いのですが、サントラ単体の発売は期待できぬゆえ特典のサントラ目当てで買ってしまうことがあるやもしれぬ。


そういえばweb拍手とかやってたっけ、なんて思いだし、数ヶ月ぶりにページを開けてみればコメントが付いていてビックリ。
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。
そんな感じでコメントレス・・・したほうが良いのか?いきなり紹介するのもどうだ?拍手コメントなんて貰った事無い・・・はず。9月2日以前にコメントくださった方がいらしたらゴメンナサイ。まあいいや。全然よくないよ。そんな感じで拍手コメントのレスでも。


>個人的には西尾さんと言えば戯言シリーズですが、
>やはり化物語がアニメ化になったのは殺人シーンがないからと考えるのが無難でしょうかね。
>刀語もやっぱりそれがネックかと。

このご時勢、過激なシーンがあると何か起こったときに五月蝿く噛み付かれますから。期待されている作品ということや、アニメという大勢へ向けての媒体だと無関心の目まで引き寄せてしまいますからね。

ドキドキダイナモってすごい言葉やとおもわへん?
だって、ダイナモやで?
オルタネーターじゃないねんで?
やっぱほら、ドキドキオルタネーターやと締りが悪いって言うか、イマイチドキドキしてる気せえへんし。
ダイナモやとほら、“ダイナモッ”ってほら、ごっつドキドキ感がちゃうやん。やっぱり。
すごいよなぁ。
直流発電やから、直流ってことは、やっぱり超昴天使は一途やってんな。時間によって方向が変わらへん。
そう考えると、やっぱダイナモやな。オルタやったらあかん。あかんはこれ。あかんのは俺の頭か。朝から何考えとぉねん。



某サイトで紹介されていた、サークル「lastwhite」の「EDEN-最終戦争少女伝説-」の体験版をプレイ。
西尾維新風味の独白と独特の単語でザクザクと読ませてくれます。戯言シリーズのような、この子達二つ名とかを真剣に呼び合ってる・・・!というのと同系統の気恥ずかしさを与えてくれるシーンも多数。そういうの大好きです。
学園シーンが終わり島に入ってからのテンポの良さも、ちょっと昔のRPGで例えるなら、ディスク一枚目終盤、みたいな感じで(ディスク一枚目終盤って言いたかっただけ)グイグイと引き込まれていきました。
能力バトル物なのですけれど、体験版の時点では出てくる敵がどいつもこいつもかませ犬ばかり、というか味方陣営が強すぎるというのもあるのですがバトルものとしての今後の期待値を高めてくれるのはいいのですが、実際はどうなるのでしょうね。やはり「異針跳躍」をふんだんに使ったバトルはもっと先にとっておくのでしょうか。「異針跳躍」自体ありきたりな能力、というかまんまアレなのですが、その能力を使えば圧倒的な戦力差でも善戦できるだろうなぁ、と思うだけにちょっと期待。とはいえ戦闘のメインになるであろう「能力」もまだ二つしか登場していないのでまだまだこれからというところですね。
どうでもいいんですけど、どのキャラクターもちょっと陰険ですよね。
さて、このゲーム、お一人で製作なさっているそうで、ナイスな根性だなぁと感心しつつ、完成まで首を長くしてまっておきます。


「エロゲー声優、誰が好き?アンケート」ランク入りした唯一の男性声優
男性声優の名前よりも先に13位にランクインされていた方の名前を見た瞬間、目から変な汁が溢れてきました。今日は飲みに行こうぜっ、ソウルブラザー!

エロゲを始めたころは全てのセリフを聞きながら読み進んだものですが、そんなことをしていると本当にエロゲは長い。本を読むようなスピードでエロゲもプレイする私は、物語上大事なシーンや、お気に入りの声優さんが喋っている時でもない限りキャラクターの声は飛ばしてしまいます。けど、チュパ音だけはどうしても飛ばせない。世の中って不思議ですね。そんな私の好きなエロゲ声優さんはというと以下の通りで。


かわしまりの
出演作
「Piaキャロットへようこそ!3」 冬木美春
「Forest」 雨森望
「SEVEN-BRIDGE」 ナンシー
「カタハネ」 セロ・サーデ
「恋姫†無双」 周喩
「キラ☆キラ」 石動千絵
「G線上の魔王」 宇佐美ハル
「ドラクリウス」 エルシェラント・ディ・アノイアンス
「さくらさくら」 須賀萌
他多数

Forestの時からかわしまさんの名前を意識し始めたのですが、そのときはまだ、へぇこんな演技の上手い人も居るんだなぁ、と思った程度でした。好きになったのはSEVEN-BRIDGEから。あのインドは強烈だった。むしろ主役だったと思う。
エロゲばかりやっていると、いわゆるアニメ声と呼ばれる甲高い特異な声音が耳にこびりついて、それが普通になってしまうのですけれど、かわしまさんの母性を感じさせる落ち着いた声は逆に新鮮で耳に心地よく、特にドラクリウスのベルチェが小声で囁くシーンは本当に癒される。あのセリフが聞きたいがためだけにドラクリウスを起動した事も何度か。



松永雪希
出演作
「僕と、僕らの夏」 和多田恵
「MapleColors」 田中加奈多
「らくえん~あいかわらずなぼく。の場合~」 美柴可憐
「はるのあしおと」 白波瀬
「SHUFFLE!」 ネリネ
「乙女はお姉さまに恋してる」 上岡由佳里
「パルフェ ~ショコラ second brew~」 花鳥玲愛
「ショコラ ~maid cafe curio~”Re-order”」 花鳥玲愛
「パルフェ ~ショコラ second brew~”Re-order”」 花鳥玲愛
「パルフェ ~chocolat second brew~ Standard Edition」 花鳥玲愛
「フォセット -Cafe au Le Ciel Bleu-」 花鳥玲愛
「オトメクライシス」 花鳥玲愛
他多数

「らくえん」の可憐で初めて知ったのですけれど、可憐はかなりガサツな物言いをするので、そのイメージが定着してしまい、どうも松永さんの声で大人しいキャラクターというものに違和感を抱いていたのですけれど、「はるのあしおと」の白波瀬の件で印象とかそんなものを吹き飛ばされるくらい鬱にされました。特徴的でいて鼻にかかったような声が、好き。


涼森ちさと
出演作
「未来にキスを -kiss the future-」 柚木 式子
「はなマルッ!」 萩尾向日葵
「ラブリー・ラブドール」 アイリ
「友達以上恋人未満」 橘芽依子
「彼女たちの流儀」 尾瀬道櫻子 白銀鳥羽莉
「planetarian ~ちいさなほしのゆめ~ 」 ほしのゆめみ
「智代アフター」 河南子 鷹文
「StarTRain」 白雪麻衣子
「絶対幸せ宣言っ!」 白雪冬子
「ネコっかわいがり!-クレインイヌネコ病院診療中-」 ノーマ
「リトルバスターズ!エクスタシー」 三枝葉留佳
他多数

これほど化ける声優さんというのも凄いものだなぁと。七色の声を持つ涼森さん、やっぱり印象に残っているのは「智代アフター」の河南子でしょうか。キャラクターの濃さと相まって涼森さんの演技が冴える冴える。


田中美智
出演作
「いたいけな彼女」 七瀬ほのか
他多数

ほのかは俺の嫁!!

やばっ。日記を書いていたら時間がなくなってきた。もうすぐ明日だ、どうしよう。
そんな感じで二言三言の更新。

なんとなくef - the latter tale.の優子を巡る話があのような展開になったのは、CARNIVALの影響も多少あったんじゃないかなぁと。
2004年某サイトの掲示板で御影さんが「ああいった話を真っ直ぐに書く人がいることが~」みたいなことを書かれていたことを不意に思い出したので。
くそぅ、ものっそうろ覚えだ。御影さんがCARNIVALについて感心を寄せていた、ってトコだけがやたらと印象に残っていて、内容が分からなければ詰めた話を書くことなんて夢のまた夢ですか。
ログを探せども検索の仕方が悪いのか見つからない。というかあのサイトはまだあるのだろうか・・・

ごめんね☆素直じゃなくって。<挨拶




挨拶の部分で、思わず歌ってしまった方は腹筋百回です。

先月は二回しか更新しなかったなまけものです。もう二回しか更新しないなら、ブログなんかやめちまえっ!とか思ってしまいます。多分、私のことですから休止しますとか言わずにパッタリと更新を停止すると思うので、そのときはそのときで。
しかし、あまり更新しなくてもヒット数が変わらないということは、暗にこのサイトへお越しくださる方々は一見さんばかりだということを示唆していますね。負けるもんかっ。勝てはしないと思いますが。
しかし怠けすぎました。仕事が終わってから会社で先輩たちとモンハンばかりやっている場合じゃありません。今日は銀レウスとラオシャオロンを討伐したぞっ!やったね。
モンハンなのですけれどね、私は一人でG級まで行ってしまいまして、周りからかなりヤバイ奴みたいな目で見られています。wiki見ながらだと結構いけますって。そしてその周りの先輩たちはというと、改造データで作ってある攻撃力6万のオトモアイルーをつれてクエをこなしているみたいです。脆弱者どもがっ!お前たちの方がオトモになってるじゃないかっ!
まあ、それはいいのですよ。どうでもいいのですよ。今はこのブログの進退についてです。とりあえず、そうですね、今月は毎日更新したいなぁ・・・なんて今日だけは思います。明日のことは分かんない。
そんなわけで、このブログが丸二年を向かえる今月は、毎日更新します。とりあえず更新しときゃいいやー的な適当な記事で、あぁこのブログ読む価値無いな、と思われることは請け合いだと思いますが、頑張ってみようと強く(今日だけは)思います。
なんと言いますか、これこれについて真剣に書いてみよう、と思って記事を書こうとしても中々書けないのですよ。というわけで、何も考えずに書いていこうと思います。かいているのは自分の息子だけじゃないんですか、とかそんな寒い事すら平気で書いていけるような豪胆な精神でこの長月を駆け抜けようと思います。
ようするに、最後の灯火という奴ですね、わかります。


あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。