鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は良い容器でしたね。

・・・しょっぱなから誤変換とかされますと、当方としても記事を書く気が削がれるといいますか元々何も考えずにワードを立ち上げて、さあ何書こう、何て思うわけで、そんな状態で容器なんて出されたら何かネタが無いかと気になってちょっとググちゃったといいますか、普通に検索してもつまらないから 「容器  鼻血が出るほどランデブー」 で検索して何も引っかからなかった私を笑うがいいさ。笑えばいいのさ。


今日は良い陽気でしたね。(何事も無かったかのように
あまりにも気持ちいいから、見慣れた街並みもとても綺麗に映るような心境でした。
いつにも増して瞼も重くこのまま眠ればきっと世の中の嫌な事全部なくなるだろうなと思ったのですが、そこはほら、やっぱりちゃんとしなきゃいけないわけですよ、高速走っていたワケなので。
世の中の嫌な事というよりも自分の中の世の中という奴が無くなってしまう所でしたよ。
走っている最中は眠くて危ないとかどうでもよく、寝ちゃ駄目だろうなぁ程度に思っていたので気にならなかったのですが思い出すとちょっと恐いものですね。


さて話題は変わって、三つ子の魂百までと言う言葉がありますが、私が三歳の頃はどのような子供だったのだろうと気になったので母に尋ねたところ

母「ああ、アンタそれぐらいの頃は障害児やったで」

ちょwwwwwちょwwwwオカンwwwww

母「保育園で呼ばれても返事せえへんかったし、空ばっか見とってんて。この子大丈夫かなぁって思ったもんや」

今でも変子の自覚はありますが・・・まあいいや、ちょっとバラバラに砕けたキリスト像を直してきますね。


とりあえず今の状況ですが、いつか、届く、あの空に。は此芽ルートの終盤まで行きました。時間が無いのが悔しい・・相変わらずめちゃ面白いですよ。
はあ、みどの超可愛い。
体験版をプレイした時に色々予想しましたが、当たらずも遠からずと言うか的外れと言うか掠っていると言うかベジータ様萌え。

トリックスターのほうもちょっとだけやっております。そろそろ狐が転職を迎えるのでアイテムを集めていたりしていますとも。
やっぱりソロプレイは楽しいですね。それはもうネトゲやめたほうがいいと思いますw
スポンサーサイト
ここ最近いつにも増して偉そうな事言ってやがったので、思い返してからドコにロープを結び首括ろうかとキタキタ踊りをしながら (ひ~らりひひらりだったと思う。うろ覚え) 悶々と悩んでいましたが心の中で 「一思いにラズベリーだ!!そ~れざぶ~んとすいーとさまー!」 と叫ぶ事で脱力し、また叫ぶ事で通常時ですら微々たる生きる活力と言うものを取り戻し、脱力したのに活力が沸いて来るという不思議な感覚に思い巡らしそっちに注意をそらされたため、事なきを得ました。叫んだのはあくまで心の中で。悩める人々の心の叫びなんてものはなんて尊いのでしょう、見たいな事を言っている人を力いっぱい否定してみた。そんな事言っている人見た事ない。関係ないけれど、なんと言いますか浜辺で夕陽に向かってバカヤローと叫んでも、潮風で喉を痛めてしまうでは? なんて思っている私は別に人の喉なんて欠片ほども興味がありませんし、そのつぶれた喉でコードギアスの第二期の主題歌でも歌えばいいじゃない、とか思います。そんな事を考えていたらもうどうでもよくなりました。それ以前にせっかく首を括るのだからそれらしいロープを探していた時点で私の負けです。ロープなんて都合よく落ちていませんよ。いや、そうかここはジャパン、ロープじゃない、縄だ! と気がついたところでとき既に遅し、飽きました。そんなこんなで一命を取り留めたという意味においては世界丸見えに、いや、奇跡体験なアンビリーバボーにすら出演可能でしょう。あの番組たちはまだ続いているみたいですね。知らなかった。

というわけで、ガッテンしていただけたでしょうか? (この間のカツ丼の回は録画したかった。ためしたかったのに・・・ガッテンしたかったのに、惜しい事をしました。


・・・よしっ、調子戻ってきた。


なんとなくMAD紹介。

落ちこぼれの天使たち

軍魔さんの夢寐は相変わらずすごいなぁと。
PS2版のクラナドがやりたくなりましたね。元々kanonもAIRもPS2でプレイした口ですのでやっぱり声の魅力って大きいなと思うわけなのです。
臨場感というか、人の泣いている声を聞くと悲しくなる原理みたいな。
いつ空やっておりましたので感想でも。
相変わらずふたみ大先生は溢れんばかりの才能を見せ付けてくれますね。

では、以下ネタバレで。

⇒続きを読む

前回の第一波から2週間たっていないというのに、第二波がやってまいりましたので貼っておきます。さらし者にしておきます。






取り寄せもあったから2月の下旬予定だったはずなのに心の準備が出来ていませんよ。
ラインナップは以下のとおり

沙耶の唄
ショコラ
パルフェ
フォセット
つよきす
車輪の国、向日葵の少女
夜明け前より瑠璃色な
処女はお姉さまに恋してる
イース オリジン
カタハネ

の全10作品。カタハネのほうも一緒になってやってきたので、一度に来襲してくるゲームの数が二桁の領域まで達してしまいました。
昨日いつ空が届いた直後だと言うのに・・・

今月だけで18本もゲームを買ってしまった私は、確実に頭おかしいと思います。
いや本当に、これだけの軍勢を相手にまともに戦えるのでしょうか?

とりあえずいつ空やっていますが、体験版の所を読み直して「ああ、あれも伏線だったのかぁ」などと細かいところをちまちま見ております。
後、ネタバレ感想は如何しましょうかね。
最近色々なところでネタバレ感想について思うところもあったので、続きを読むを使うか、一言注意書きを入れるかのどちらかなぁと。


<二言>
スーパーの中にあるパン屋で買ったカレー豚肉ドーナツウマー
あまり買い食いをしない私でも、揚げたての誘惑には弱かったのだった―――!

<追記>
いつ空のファーストOP見れました。っていうか流し読みだったから飛ばしてただけw
御薙さんの記事に対しての返答みたいな物と前回の記事の番外編みたいなものをここで。
連続投稿でコメント書いても良いかと私が勝手に思ったのですけれど、今回もトラバにしようかなぁ、などと。
さて、いきなり自分のことですけれど(お前今までも自分のことしか書いてないよ)何と言うか・・・日本語間違えている部分を引用されると、こっぱずかしーですねw
そんなに口うるさく言うほどの物じゃないから気にしない、と自分で勝手に思っているのでまあいいや。誤字とか本当に多いから嫌になりますw

さて、先ほどから「私が勝手に」とか「自分で勝手に」とか言っておりますが、そんな感じで良いんじゃないかしらん。と思うわけです。
私も感覚で生きている人間なので理論的に考えるのがすごく苦手なのですけれど、そう考えるのが好きだから困ったものなのです。
感情で感じた事を私の頭の固い所が私の理屈みたいなものを作っていくのですよ。略して、感感俺俺ですw
その所為で私の言っていることは、結構支離滅裂な事や矛盾点や根拠の薄いものが出来上がってしまいます。でも自分の中で筋が通っているw
自分ルールみたいなものがあって、それに沿って好き勝手に書いているに過ぎない自己満足なのですよね。このブログ。

自己満足とは書いて字の通り、自分自身が満足することですけれど、決して悪い事じゃないと思うのですよ。
何かを他人に見せる時でも、自分自身ですら満足していないものを他人に見せる事なんて出来ないから、自己満足は大事ですよ・・・と言う事をどこかで見たような気がしますw
まあ確かにそうだなぁ、なんて思うのですけれど全面肯定はしていません。
私は自分が満足していなくても他人に何かを見せますし、同じ条件で他人に何も見せない事もあります。それは時と場合による事もありますが、ようするに気が向いたからです。気分屋ですw
どちらにも転ぶのでかなりいい加減なように聞こえますが・・・やっぱりいい加減ですごめんなさいw
私は怒っても褒めても伸びません。気が向いたら伸びますw

気の向くままに生きているから両極端にも走れますが、それはムラが多いと言う事で・・・使えないな、私w

と言うわけで、確固たる自己が無いのであなたの悩みに対してなにも言えないのです。どうあがいても、いい加減な事を言いそうになります。
でも、いい加減なように聞こえるかもしれませんが言っている時は真面目なんですよw(典型的駄目人間
で、あえて言いますが言いたいだけなのですが自己満足なのですが、まあ、何と言うか、ブログとか他人とか同じように見えてやっぱりどこかしら違いますし、そこに価値を見つけ数あるブログの中から御薙さんの記事を楽しみにしていますし、後、最初に書きましたが、ある程度好き勝手にしてみては?などと思うわけであります。
自分の作ったものくらい、我侭言っても良いんじゃないかなぁなんて。

私みたいになれ、なんていうつもりは無いのですがwほどほどにという意味でどうか一つw


さて雑記でも。
昨日は出張だったのですよ。
出張先ではいろんな人に出会い、様々な話を聞けて楽しかったしタメになった・・・はず。
自分のタメになると言う意味では、自覚が無くても人との出会いというものに何かしらの価値はあるものだと、そういうものだと思います。
まあ、楽しかったからどうでもいいや。みんなでめちゃ酒飲みましたよ。弱いくせにねw

そして、今日の夜に帰ってきたのですけれど、疲れたなぁダルイなぁなどと思っておりましたら、家に荷物が・・・

ねんがんの いつか、届く、あの空に。を てにいれたぞ

はぴねすが途中だろうと、トリックスターの期間限定イベントがあろうと、撮り溜めているアニメがあろうと、いつ空を最優先。それが私のジャスティス。
はぴねすは、まあのんびりプレイすると言うことでw
ウエディングふたみに萌え萌えしつつ早速インストールしておりました。
明日から二連休だし、頑張っちゃおう。そうしよう。
私はエロゲの感想を書くときに、そのゲームをクリアしてから人様の感想を読んで、自分の感想を書くようになっております。
ゲームの感想をプレイ日記スタイルにしている自分は、クリアしてから感想を読む段階で自分のプレイ日記とよそ様が同じことが書かれていたら正直このブログやっている意味無いなぁ、と苦笑する事が多々あったのですけれど流石にコンプ前に感想を読み漁れませんしね。

出来るだけゲームの感想は人とは違うものを書けたら面白いんじゃないかな、と思うのですけれど似たり寄ったりになってしまうのはある意味しょうがないのかと。
送り手の意図さえも受け手が考える。なんて言っていますがやはり送り手からのメッセージの方が強いと思うのですよね。そうしてユーザーはある一定の方向に誘導されていくので感想も似通ってしまうゲームがあります。
まあ、あんまりにも人とずれた意見を書いていても寂しくなりますしw

例えば、感想が似通っているのとは違いますが、送り手の意図と受け手の意図なんぞの話しでは、CROSS†CHANNEL なんかは送り手の意図に踊らされ、絶賛している人も叩いている人も大体が同じ所で何かを感じます。
いや、ゲームの感想なんだからゲームの内容を支点にするのは当然じゃないかと思うのですけれど、その支点がこの作品は強いのですよ。
だから同じ部分で様々な人が引っかかっている。
CROSS†CHANNEL と言うタイトルは本当に意味がてんこ盛りですよね。キャラクターの会話から、ラジオ放送で繋がる二つの○○、後は送り手の意図から受けての捉え方まで、徹底的に交差しているんですよね。まったくと言っていいほど重なっていなくてこのゲームを交差点の中心にして、全ての物(者)が別の方向に進んでいる。
この作品が化け物だと言われている所以の一つは、その人の目を釘付けにする物語においての支点の強さかなぁと。
閑話休題

人の感想と被るのが嫌だったらもうエロゲの感想とか読まなきゃいいじゃない。書かなきゃいいじゃない。と言う暴力的な意見は却下。
私はエロゲの感想を読んでのめり込んだ性質ですので。
それから自分の感想を書くことにしているのですが、そんな感想の書き方だと優柔不断な私は他人の意見に引っ張られることが多いのですけれどねw

エロゲだけに限らず小説や音楽なども自分の意見と重ねてみたり、違いを見つけると、どうしてこのような感じ方をこの人はするのか。などと考えていくと新しい意見が出てきたり自分が見落としていた部分に気づけ、そこから自分の考えをまとめることが出来るのですよね。
議論とかは嫌いですがw

そして、エロゲはマルチエンディング形式をとっているものが多いところも、私が感想を読みたいと思う重要な事じゃないかと。
人の感想が似通っているものもありますが、方向性は同じでも見方や表現の仕方等、十人十色にあります。
バットエンドを含め様々な結末を迎えるIFの世界ではさらに他人の捉え方なんて物は多くなり、それに伴い自分に何かしらの影響を与える情報が含まれていることも増えますしね。

つまりは、何と言うか「遠足は家に帰るまで」と言う言葉があるように、「エロゲは感想を読むまで」と言うことですww
みなさんはマクロスをご覧になったことがありますか?
私はリアルタイムで見ていた世代ではありませんが、深夜に劇場版が流れているのを見ていたり、スパロボに登場した時ストーリーを追うことが出来ました。
また、私はマクロスと言うとマクロスセブンかマクロスプラスなのですよね。
私はマクロスセブンが本当に好きで、子供の頃にはテレビに噛り付いてよく見ていたものです。
なんたって戦場で歌っているんですよ。今までロボットアニメと言えばゴシャゴシャ殴りあったりビームが出て敵を倒すものだと思っていたのに、歌で戦いを収めてしまう豪胆さには正直驚きと眉間に寄った皺を隠しきれませんでした。
それに、歌うのだったらロボットで出撃する意味がまったくと言っていいほど無いじゃないですか。でも、子供心には気になりませんでした。

ごめんなさい。マクロスセブンの話じゃなく無印マクロスのことを話したかったんです。

マクロスと言えば柿崎。柿崎と言えばマクロス。サイモンと言えばガーファンクル。ガーファンクルと言えばサイモン。
そう、マクロスに無くてはならないのが地球の誇る凡パイロット、柿崎です。
彼は、無残にも劇場版とTV版の両方で呆気ないほどの戦死をされているのです。
これはもう、柿崎と言えば撃墜。撃墜と言えば柿崎。ブランキーと言えばジェットシティー。ジェットs(ry
これくらい死が当然の柿崎ですけれど、実は今私はそんな必然性を持つ柿崎と同じ状態になっているのです。
撃墜して全損です。重言なんて気にならないくらい無残な骸をさらしております。


結局何が言いたいのかと言うと、「いつか、届く、あの空に」をウエディングふたみ大先生にノックダウンされ、げっちゅ屋で予約しましたよ。

ヤック・・・ヤックデカルチャ!
ワタシはさぁ、あれなんだよ。
履いている靴下を、こう、くるくる巻いて戻してを繰り返すだけで、一日潰せるね。マジで。
クルブシの下までくるくるにしちゃうから。靴下を。
カカトまで行っちゃうとダメ。足の裏とか気持ちいいけどダメ。認めてないから。ワタシのフィーリングが許してない。
そんでもって靴下はちょっと厚めのもの。冬用。そんで巻く。くるくる巻く。
右足、左足も両方ね。両方。ヤバイ。マジヤバイ。なんつーか、マジヤバイ的な感じ。
そういう休みの過ごし方って悪くない?


悪いのはお前の頭だけにしてください。

今日、ズボンを脱ごうとして足を出したらズボンに靴下が引っかかって靴下がくるくるになり、それを見て、そういえば小さかった頃は靴下をくるくる巻いているだけで楽しかったなぁ、と懐かしんでしまいました。しちゃったのです。
なんかこれ書いている最中、靴下くるくるで吉野家の牛丼コピペも作ってみようとして、面倒くさいので諦めました。世の中難しいなって思います。
ちなみに、「マジヤバイ的な~」は実際に言っている人を見たことがありますよ。カルチャーショックと言うやつですよね。

なんか、こんな記事を真剣に書いている私は阿呆だなと少し落ち込んでしまいました。
そして人生に疲れました。だなんて今更ですよね。生まれたときから正直面倒くさくて疲れているのですよ。
でもさ、諦めたらゲームセットじゃん? ほら、フィーリングでマジヤバイ的に。
前々から思っておりましたが、この製作スタッフって自分達の作っている物に対してひどく自覚的ですよね。
ゴスロリC.C.とか、もう堪らんw
では無くて、今回の話を取ってみても設定の使い方や新キャラによって追い詰められる様は正に王道と言った感じに。

その新キャラのマオですが、ルルーシュの能力を遮断するためにサングラスみたいなものをかけていますが、それって自分の能力も遮断されないのか?
恐らく能力の縛りは違うと思うのですけれど、 (ルルーシュのギアスだったら同じ人間に二度は使えないといったもの等) 相手の目を直接見ると言う発動条件も違うのでしょうか。

まあそれよりも、相変わらずルル様萌えのコードギアスです。
今回シャーリーに対してギアスを使ったわけですが、なにも自分の存在を全て忘れさせることは無かったんですよね。
ゼロと自分を繋ぐ記憶を消去すれば良かったわけなんですけれど、彼は彼のエゴでシャーリーから自分に関する記憶を無くします。
友人の父を殺し、その友人と何食わぬ顔で接することも出来ず、また、自分が大切にしていた人だからこれ以上争いに巻き込みたくは無いために離れることを選んだのでしょうか。

「本当に失いたくないものは遠ざけておくべきだ」

童貞少年呼ばわりされても仕方ないくらいのヘタレっぷりに、思わず身悶えしてしまいますw

あと、スザクも気になりますね。
過去に何かあるようで、それが後ろ暗いもので在れば在るほど、正面切っての偽善者っぷりが最高に。

みなさん今晩は、舌の根も乾かぬうちにトリックスターをプレイした鼠です。
最近全然トリスタをしていなかった上、あんな日記書いたものだから気になっちゃって。
楽しかったなぁ。
私の言うことは何も信じないでください。
でもこのブログのタイトル通りのことをしているからいいのか。いいのか?

いや、違う。
ちょっとトリスタに対して、ツンデレ見せちゃっただけですよ。

まあ相変わらずネトゲ向いていない体質を痛感したのですけれど、昨日はソロプレイだったので楽しめたのかと。

それよりも、土日休み無しですって。
なんか電話掛かって来ても、「この電話の持ち主は死にました」って相手に言ってくれる機能とか無いのかな。
いや、きっとどこかに有るはず。想えば願いは叶うはず。探してみよう水平線を目指して。
ショップとかでお姉さんに小一時間問い詰めたらおそらく、若干、僅かながらに、小指の甘皮ほどの色よい返事みたいな物に良く似た何かを引き出せるはず。
恐らく、あんまりにもしつこいから「電源切れよ!」とキレると思うので、泣いて誤ろう。違う既に誤っている。謝ろう。
最近トリックスターを全然やっていませんね。
今までのお熱っぷりが嘘なほど興味が失せている。
前回、トリスタの楽しみは人との繋がりだろうと思いましたが、だったらネトゲじゃなくても構わないのでは?
極端な意見ですが、どこかの掲示板でもネット上での人との繋がりというものを楽しめるわけであって、モンスター倒している最中に挨拶とかしなくていいわけですよ。
別に狩っている最中に挨拶したくないわけじゃありませんよ。

MMORPG上でしか得られない繋がりと言うものも確かに存在しますが、それに魅力をさほど感じない。
やはり、繋がりの薄さでしょうか?
まあ、私が積極的に特定の誰かと仲良くしようとしなかったのが原因という気も。INしている時間もバラついていますしね。
後、レベルに差が開いてくると一緒にPT組もうという気も起きませんし。
それは、今自分のレベルで丁度良いクエストやらフィールドにいようと思うので当然のこと。
そうしたことから繋がりなんてものが薄く感じてしまう。

ゲーム性にしてもネトゲと言うものは、すぐに攻略サイトを見ることが出来るじゃないですか。
その所為でゲーム性も売りにしているはずが、なんでもかんでも暴かれてしまっている。
そんなものは見なくてもいいじゃないか、と思いますが、そこで出てくるのが薄いはずの人との繋がり。
それがある限り、如何しても情報は入ってきてしまうのでついつい興味を持ってしまう。
効率の良いキャラクターの育て方や、アイテムの入手方法等。
そしてふと攻略法を見ながらプレイしている自分に嫌気が差してしまうのですよね。何が楽しいんだと。
それがゲーム性を売りにしていてもシナリオが楽しめるゲームなら良いのですがね。別に作業みたいな操作を模索しながらプレイしたいわけじゃありませんし。

まあそんなことをブチブチ言っていますが、明日にでも再開していそうなほど私は気まぐれですがね。
何だかんだ言いながら、それまで面白かったのは事実ですからw

そして現在はエロゲやっていますw
以前大量に購入した中からどれをやろうかと思い悩んだ末、はぴねすを崩すことにしました。
・・・え?以前購入した中に無かった?気にしない。気にしちゃ駄目。
いや、遥かに仰ぎ、麗しのをプレイする前にちょっとだけやっていたんですよw
大量購入分はまたいつか。
ツンデレが好きすぎて、ツンデレになりました。

何事かと言うと、ツンデレオーディションをやってみたところ見事ツンデレになりました。

べっ、別に嬉しくなんか無いんだからぁ!

なんか知りませんけれど、環境に易しいとか言われてしまいました。

か、環境に優しくするのは、と、当然ですし、そ、そんなに褒められても・・・

あと、似ているキャラクターに、木漏れ日の並木道の綾瀬紫苑やMaple Colorsの鈴原空と言われましたが、
どちらも知らない・・・ボケれない・・・私の経験(エロゲ)の偏りが妙に悔しい・・・


さて、雑記でも。
無いのです。
来週の土曜日まで休みが無いとはこれいかに?
しかも来週のいつか、多分平日のど真ん中にホテルでお泊りです。
わ~い。
まったく、こっちの都合も考えずに、しょうのない人。
そんなに体力が残っているのかしらん?

えっ? ホテルに泊まってナニをするのかって?
そりゃあいい大人がお泊りと言えば、あれですよ。
そう、仕事です。ヒャッホウ。

がんばれ。みんな頑張れ。

水月の終わりみたいにシメようとしたら、なんだか虚しさは亜光速並に加速していくばかりなのですけれど、耐え忍んでいこうと思います。
忍んでいこうと思います。
忍びの者になろうと思います。
忍空とか好きでした。覚えていませんけれど。

がんばれ。みんな超頑張れ。
その、なんだ、お主人ちゃん。
みんながみんなして「いつか、届く、あの空に」の話題をするものだから、
ネタが無いのに、いつ空の話題を書こうとしてしまった。
これは、私が鼠として至らなかったせいだ。
・・・ごめんなさい。

今度こんな不甲斐無いことになったら、遠慮なく文句を言ってくれ。
テレ雪に埋めてやるから。


どうでもいいけれど、体験版をプレイするまで傘姉のことを「かさねえ」と読んでおりました。すまない。

さて、いつ空マスターアップしましたね。
なんというか、特典テレカのために何本も予約した人を見ると無条件で平伏してしまいそう。
実はまだ予約していないのですけれど、こんな盛り上がりを見てしまったら私もテレカゲットしようかと決意。
やはり理想の嫁ことふたみ大先生のテレカが欲しいな、何て思っていたのですけれどスク水ふたみはすでに品切れ中。
次に気になるのがウエディングなのですけれど、すぐ、別に特典付きじゃなくてもいいかなーなんて言ってしまう私オタ失格。
でもやっぱり特典付き買おうかな・・・
上がり下がり激しいな。ムラッ気が多い。ムラムラしています。

あと、みんなして傘姉傘姉言いすぎだよ(世論に対して真っ向からの反逆
私の今年の目標は、言うまでもありませんけれど、「ティーカップより重いものを持つ」と言うことはあまりにも有名ですね?
しかし、一日に一升瓶を持っていたので、すでに今年の目標は達成されていたと言うことです。これには参りました。
今年、やる事無くなりましたよね。実際。

そんなダウナー系のしゃぶが切れかけのようなテンションでふらふらしている、
あきねずみ、改め、秋音人形です(コラ

今日はちょっとした思い付きで、007も真っ青になり裸になってランバダしながら謝り狂うくらいの極上のスニーキングミッションをやって参りました。
華麗に侵入し、必要な情報を引き出し、誰にもバレずにその場から立ち去る。


そう、職場で自分のサイトを見ることです。


字面を見ただけで果ててしまいそう・・・
気をしっかり持とうと思います。

私の部署には一つだけネットに繋がるPCがあるのですけれど、それを利用します。
昼休みに実行? ハッ昼休みはなぁ、上司が一生懸命スパイダーソリティアをやっていて、使わせて貰えないんだよ!
素人はスッコンでろ。馬鹿馬鹿しい。←昼休みに実行しようとして、上司が居た事に落胆した鼠

と言うわけで、自分の仕事に一区切りつけ、そのPCを誰も使わない時間帯にこっそり忍び寄りました。
もちろんカムフラージュのため、仕事に使う資料も持っています。これで怪しまれても、調べ物していますよ~、と口笛吹きながらそ知らぬ顔をできると言う、我ながら天晴れな用意周到さに、そんなビクつかなくても・・・なんて思いましたとも。

そしてとりあえず検索してサイトを出そう、なんて思いつき、ワード「鼠の騙し」で検索。
出てこない、失敗。

ちょっと先輩がこっち見て、何しているんだろう? なんて興味持っているんですけど。
嫌な汗が出てくる。
予想通り、私の後ろを通りながら画面を見る先輩。
当然ブラウザを閉じて、仕事の画面を出している私。
ここを退職したら再就職先はCIAに決まりました。

続いて検索ワード「鼠の騙し討ち」で検索。
成功。
ようやく自分のサイトを見ることが叶いました。





…………





恥ずかすー!(この世はでっかい宝島風味


こっぱずかすー!(そうさ今こそアドベンチャーだ


何このかわいらしいブログデザイン?!(気に入っているのね

まあ、見ただけで閉じましたけどね。(早っ
巡回とかコメント付けたりするのは無理。だってチキンハートなんだもん。
履歴も消してこれにて終了。

我が事ながら、仕事しろよ、なんて思いました。
あと、すみません。誇張しました。実際は極普通に見ていました。何も感じませんでした。不感症でした。

「誇張」したのに「不感症」・・・なんか矛盾しているような気がしています(気のせいだ
efをプレイしておりましたので感想でも。
これって御影さんはシナリオを書いてなかったのですね。
体験版で感じたことは錯覚だったかw

さて、「はるのあしおと」と同じく今回も、耳の痛い話を持ってきやがりますねw

第一章
登場時には軽く電波で一番いい加減そうな宮村みやこですが、彼女の家庭の事情から好きな人にどんな時も一番に愛されることを願い、おざなりに扱われることを徹底的に嫌います。
それはゲーム中の選択肢においても、みやこはある程度好感度を上げておけばクリアできるわけではなく、一つの選択肢でも取り違えれば主人公の前から去っていってしまう。
第2章で選択肢を誤っても、後に正規のエンディングに行けることから選択肢を使った性格づけが徹底していますよねw
そんな彼女だから、いつも優柔不断な紘を変えることが出来たのでしょうね。

紘は夢を叶えたけれど、夢見たころの自分への責任に押しつぶされそうになる。慕ってくれる景と学園生活と仕事の両立。
無理のある生活を続けた彼の前に現れたみやこは、やりたいことは一切手を抜かず紘を引っ張りまわしその生き方も変えてしまうのですけれど、紘もみやこの生き方を変えていきます。
楽しいことだけをしたいと言ったみやこですが、夢を見て、それを叶え、その先への努力を惜しまない紘を見て、楽しいことは自分で作り出さなくてはならない、と言うことに気づいた彼女は積極的に学園生活を楽しもうとしていますしね。

理想のために生きるには、まず現実を見なくてはならない。


第二章
一章で振られた景がヒロインなのでやはり失恋のこと中心で、その上彼女のやりたいことでもあったバスケが出来ない状態と言う結構きつい状態でスタート。
そんな景が落ち込んで腐って求めた結果傷つくのが恐くて何も出来ないでいるときに出てくる、黒い悪魔、不良シスター雨宮優子大先生のお言葉にはこれでもかと言うくらい殴りつけられましたねw
もうヤダ。あの人見たくない。耳が猛烈に痛いよw

その景が、ひたすら前向きで映像を撮ることが何よりも好きな京介に出会い、全てを無くしてもまた始めればなにかが生まれると思うようになり、京介も今まで本気での付き合いをしていなかったが、一途に紘を思う景に心を動かされる。
過去を振り返ってばかりでは駄目だし、未来はまだやってこない。今を生きなくてはならないが、その今を生きるためにはバスケと言う夢や、画面を通してでは無く同じ舞台に立っていたい大切な人が必要。

現実を生きるためには、理想を象らなくてはならない。


この二つの話は、互いが互いの姿を見て変わっていく。まさにインタラクティブノベルと言うことかしらん。
二つの話自体も対照的になっているな、と感じたのですけれど、だとしたらefのこの前半と今度発売される後半自体でも同じことが起こるのかなぁと。
とにかく続きを待ちましょうかね。

あと、この作品に苦言をおっしゃっている方が多いのですけれど、分かります言いたいことは。
ですが、ここでダラダラ愚痴を書いても仕方が無いので割愛。

ただ、

物語そのものは平凡でも構わない、どこにでもありそうな身近な話を、絵と計算しつくした演出で印象づける
(第一章より)

客に難しいこと考えさせるとか、泣かせるとかそういうのはどうでもいいんだ。
(第二章より)

自分たちの作った物を認めるのは良いのだけれど、言い訳に聞こえてしまう。
フィーバーしましたが、ハバネロ27点でした。

御薙さんの記事にコメントをしようと思ったら無駄に長くなったので、私もトラバする!ww

ゲームを買う基準ですけれど、私も最初はやっぱりイラスト目当てでしたね。
シナリオやライターさん重視になったのは、単純にそっちのほうが面白い作品があるから、というのもありますが、エロゲの感想をネットで見ていると作品に対する捉え方に感心させられることがあって、巡回サイトに出てくる評価の高いゲームを中心にやってみようと思い始めたのですよ。
で、そんなエロゲ感想サイトさんで必ず出てくるのがライターさんの話題。なんかもう、すごい誇らしげに語るんですよねあの人たちw(すでに同類ですがw
そうなったら、気になるので調べると、ライターさんがサイトやっていて覗きに行ったらやっぱり面白いこと書いていたりゲームの情報はまずライターさんのことをチェックしたり、ここにシナリオライター萌えが発生するわけでありますw


そして、この間注文したエロゲが届いたのですけれど、家族の反応は実に淡白でしたね。
もう馴れてしまったのでしょうか。私に飽きちゃったのね。
それよりも、宅配のお兄ちゃんの反応のほうが面白かったと母より聞いたのですけれど、そんなに面白くは無いんです。
お兄さんが、荷物が大きいのに軽いから不思議な顔をしていたそうな。
そんな事もあるさ、ヨーホー!

そんなわけで、第一波を晒しておきます。




月箱
銀色
秋桜の空に
群青の空を越えて
もしも明日が晴れならば 
月陽炎
家飛

これでまだ半分以下なんて・・・
なんか、どれから手を付ければいいのやら分かりません。いや、分かってたまるか (何で!?
第二派は2月を予定しているのですけれど、生きて帰れるかしらん。
出費のほうも大変なことになりそうですが、高い服を買い揃えたのだと思えば、なんでも無い風を装えます。
いや、装った所でしゃあないねんて。どないしようもないねんて。

1.26戦線? 何ですか、それ。

なんて言いつつ「いつか、届く、あの空に」と「カタハネ」は買うつもりであります。
あと気になるのが、灰音さんのところで知った「夏めろ」
YURIAさんの主題歌が好みなのと、シンフォニック=レインのイラストも担当したしろさんの原画が反則。
なんとなく夏の田舎町が舞台のほのぼのした雰囲気が「てのひらをたいように」を思い出させます。
てのたいの場合は内容はほのぼのじゃありませんがね。今も佐藤ひろみさんの主題歌を聞くと泣きそうになる。
夏めろを買うかどうかは、まあ評価待ちかしらん。


さて、SHUFFLE! -MEMORIES-を見たわけですが。
というか総集編仕立てってwowowで半年やっていたのを3ヶ月にするのかな。
あれですね、オープニングテーマの作詞に西又御大の文字を見た瞬間鍋吹いたw
でも、wowowで流れていたオープニングの方が映像と歌が合っていて好きだったのになぁ。

あと他に見たアニメといえばコードギアスなワケですが・・・ちょwww新オープニングwww


<今日の色々>
ロックマンでありがちなこと
カトゆー 家断絶さんより
三角蹴りをしていると真上に出っ張りがあり上手く進めず、迫ってきた壁に挟まれティウンティウンティウン
人生のシナリオを執筆してもらいたいシナリオライターと言う記事を「独り言以外の何か」さんより捕捉。

私は、瀬戸口廉也さんに是非人生のシナリオを書いて戴きたいの一言。
だって信者なんですもの。
糸偏に少ない人とかもう感情移入しまくりで読んでいたので。バットエンドでも構いませんし一生片思いで結構。両思いなんてなるものではないしそれは本当の両思いなんかじゃない、と言ったところでその本当は明らかに個人の思い込みに過ぎないし、その本当じゃない両思いが世の中に認知されているのなら黒白逆転するように大多数が正しいので愚か者は自分になるなんて水が上流から下流へと流れるのと同じぐらい当然のこと。だから流行なんて言葉が出来て、みんなが楽しそうに踊りながら生きている。そこに付け入る隙は無く、真実なんてものはすべからく薄味テイスト。(お、お馬鹿ぁ・・・すべからくというのは(ry
けれども色々認めてしまって、自分なりに一生懸命生きることや自殺する元気が無って言うのは悲しいですよね。そんな斜に構えて生きるなんてきっと素敵だけれど満たしてはくれないと思うのですよ。だからこそ、全て理解した上で、死ぬまで目の前にぶら下ったニンジンを追いかけ続けよう、と思いたい。盲目的に。

まあ、自己紹介に騎士殿の画像を貼っている段階で星空めておさん以外ありえませんが。



昨日の記事に関してですけれど、ふと我に返って随分と落ち込みました。もちろん、性的な意味で。
すみません、言いたかっただけなので別に抜きゲーを買っていなかったことを悔やんではいません。
第一陣の発送メールがあったので明日にでもエロゲの大量強襲を受けることになれそうですが、受け取りをする家族がどんな顔をするのか今から楽しみです。
以前、終わりのクロニクル全巻とラノベ数冊を一度に買い、みんな悲しい顔や訝しい顔や完全に引いている顔よりもむしろ興味津々だったので今回も注目の的間違いなし。夕食時の話題は、これで、決まり。
そんな家族団欒、嫌過ぎる。でも、現実。



アクセス解析を見ていると、さりげなくTransient Feeling in Future Worldさんからリンクを貼って頂いた様ですのでこちらも貼り返し。
エロゲレビューでは作品からの引用をされる方なので感想に説得力があり、また参考にも。

普通にブログやる前からの巡回サイトさんだったので不思議な感じです。


<追記>
今回日記のタイトルが親父ギャグだったのは、今日は時間にギリギリまで迫られる仕事がほとんどでしたので。
こんなタイトルつけても恥ずかしくともなんともありません。いつもの事ですし。
成長しましたよ。うん。いけない方向にね。
そろそろ、初めてのボーナスの出番がやってきました。
ええ、ちょっと大きなお買い物をしたわけでありますよ。

エロゲですけどね。
私は会社から帰るときにエロゲを買いに行くような気力が残っていない人ですから、もちろん通販で買いましたよ。
途中下車して買いに行くとかありえん。帰りは貴重な睡眠時間でしょうが。まったく。
飲みになら行くのにね。そうだね。

まあ、さっき注文したので物に囲まれてうっとりはしていませんが、とりあえず注文した物はといえば以下のとおり。


月箱
 定価の十倍界王拳の値段でした。ありえん。
 よそではもっとするらしい。ありえん。
 なんだかんだで奈須きのこさんが好きみたい。ありえん。(オ

銀色
 完全版のほうを買いましたよ。
 私はみずいろ以外は未プレイのねこねこですが
 これからちょこちょこやっていこうと。(遅すぎ

秋桜の空に
 笑えると評判のゲーム。萌えゲーとは違うのかなぁ。

群青の空を越えて
 戦闘機って格好いいよね。
 ぐらいしか分からん上にどんなゲームになるのかも想像つかない。

もしも明日が晴れならば 
 メインヒロインを演じるのが西田こむぎさん。
 腹黒キャラではないようで少々残念ですが、
 他に腹黒さんがいるようで一安心。

月陽炎
 すたじおみりすって今どうしているんでしたっけ?
 がちゅみりは聞いてました。

家飛
 アニメ版「乙女はお姉さまに恋してる」で、
 幻の脚本を担当された長井知佳さんのシナリオということで。


以上七点は一つ目のお店で注文したもので、明後日か休みが入るから週明けには届きそうなもの。
そして、他の店で注文したのがこちら。


沙耶の唄
 エロゲで喰人とか言う組み合わせで、もう期待期待。
 シナリオも虚淵玄さんですしね

ショコラ
パルフェ
フォセット
 この青空に約束を、を注文するのをすっかり忘れていました。
 まあいっか、プレイするころにまた買いましょう。

つよきす
 みんなしておもろいおもろいゆーから。

車輪の国、向日葵の少女
 ネタバレ無しレビューを見る限り、
 この作品の何を楽しむのかで評価がガラリと変わる模様ですね。

夜明け前より瑠璃色な
 ロールキャベツ食べながらプレイしましょう。

処女はお姉さまに恋してる
 ・・・行くか。

イース オリジン
 日本ファルコムのアクションRPG? 
 とにかくプレイデモを見た感じめちゃ楽しげです。

この9本は2月ごろに来るそうです・・・


計16本ゲームを注文したわけでございますが、まだまだ積みゲがあるのにどうしちゃったんだろう。
一つのゲームに集中しすぎて反動が出たと言うことかしらん。

とりあえず今はefやってます。ありえん。


<雑記>
帰社しようとしたら、まだ明るくて心持ち嬉しくなりました。
お日様は好きです。冬季限定で。
10分ほど歩くと暗くなっていましたが。
暗くなると電車の窓から外の風景が見れないじゃないですか。寝るのは危険ですね。
目を覚ました瞬間、ココドコー、と慌ててしまいます。
けれど、今日は隣で寝ていた人も同じように起きた瞬間慌てていて、ちょっと面白おかしかったのです。
マリー・アントワネットが映画化ですって。

……小指の甘皮ほども興味が無い。
そういえばアントワってギロチンにかけられたんですね。なんとなく親近感。

映画を見たのがいつ以来だろうなと思うほど昔で、確か学生のころに映画を見て感想文を書いてきなさい、と言う課題が提出された時以来ですね。
その憂鬱な課題をすぐさま片付けようと思った私は、学校から配布された指定映画館のチケットを持って映画館へと足を運び、チケットを渡したところ運悪くその当時やっていたとても感想を書きやすそうな人気の映画がすでに始まってから結構経つみたいで、今から入ってもしょうがないと思い、次の上映が始まるまで待ちますか? と言う係りの人の声にどうしようか悩んだのですが、興味の無い物を見るためにわざわざ時間を潰して来るぐらいなら、すぐ始まる別の映画を見ることにし、係りの人にその旨を告げ、何が始まるのかも分からない館内へ案内され、そこで見た映画と言うのが・・・「ポワゾン」でした。

あれ? R18指定?
どゆこと? どゆこと?

学校の名前が入ったチケットを渡したはずなのだけれど、高校生だったはずなのだけれど、老け顔に見られたことは一度として無かったはずなのだけれど、学生証を提示したはずなのだけれど。

R15だったのだろう。と言う結論を無理繰り導き出した所で、このようなエロ映画で感想を書けるはずも無く(このブログ全否定)、嘘ごめんなさいちょっと書きました。家に帰って感想を書き始めたところで、家族に何を見に行ったのかを聞かれ、即答で、ポワゾンだよ、と言ったとき止められましたからね。全力で。
大人しくその当時上映されていた「Ali」を見に行きました。モハメド・アリ、カッコいい。
どっちも面白かったのですがね。


さて今日のことですけれど、帰ってからコメントに反応するためこのブログを見てみるとやたらヒット数が伸びているではありませんか。
F5連打した人、大人しく手を上げなさい。
と思っていたら、てきとうなものさんに補足されていたのですね。
ありがとうございます。お手数おかけしました。
まあ正直、日記のタイトルをもうちょっと如何にかしようかと思い始めてみたり。思っただけですが。

次のエロゲは何しよっかなぁ。というか、イースオリジン欲しい・・・


それでは、ごめんあそばせ。
栖香編と美崎編で描いた対極のものを包み込んだのが邑那編のように思います。

邑那は李燕玲のことを誤解されたままにしておけず、
司は祖父と孫が分かり合えないのは悲しいと言う。

邑那は数々の人を踏み倒して、
司は実の両親を憎んだまま。

本編でも、

世界は光のあてかたで、
見え方ががらりと変わってしまうものなのだ。

このような文章があるように、完璧には程遠くても物事は色々な側面を持ち、見方しだいで自分が思っていたものとはまったく別のように感じることもあるってことかなぁ。
にしてもこのシナリオは魅力的なキャラが多かった、というか見方しだいで魅力的になるんだよと言っているのかw


さて、長々続けてきましたこの感想ですが、ようやく終わりましたw
と言うわけで色々まとめでも。

一番好きなシナリオは、
本校編 殿子ルート
分校編 栖香ルート

殿子ルートのほうは飛行機と殿子のことを絡めてきたのがなにより上手かったし、殿子が至った自由への結論が素敵だったことで。
栖香ルートはもう自分の波長にあったとしか言えないw

あとは、
なんでかなっぺ攻略できないのか。
リーダさんルートへのパッチはまだですか。
通販さん! 通販さん!
みやびちゃんはぷりちーです。
・・・ぐらいかなぁ (なにが?

あと、ゆのはなの時と同様に主人公がこの舞台から去っているのですよね。
ゆのはなの感想の時にも少しだけ書きましたが、主人公=プレイヤーとして、この舞台である分校=ゲームから去っていくわけじゃないですか。
でも、あの分校自体はなくならないし、次にやってくる人もいる。
だとしたらエピローグは後発のプレイヤーのことを指していたとかそんな電波妄想。

<追記>
プレイ日記つけ始めたのが12月1日で、一月以上経ってやっと終わったww
長々とサーセンww
それに反して邑那編の感想は短かったのですけれど、栖香、美崎の二つの統合シナリオだと思ったので結構省略してしまいましたね。(完全に言い訳
ね。ほら。見方によって変わるものなんですよ。(いや文章量は変わらんでしょ
でも他に書くことといえば、暁ちん萌えー、ぐらいだし。うん。
まず、タマデルリンガ共和国について説明しよう。

アフリカ南部に位置するこの国の面積は、太平洋の半分以上を誇ったと言われる。
これは、彼の失われたムー大陸に匹敵する巨大国なのである!

総人口は2380人と日本の小笠原諸島並みで、タマデルリンガ人の主食は口の中で甘くほどける紗々だ。
この国は王政で、現在の王は昔から今も変わることなくクトゥルーが治めている。国民が発狂しそうなくらい賑やかなのも特徴だ。

そのユーモア豊かな国で、我々富士岡ヒロシ探検隊は世界を股に駆けたコント、もとい未知の生物を追うことにしたのだ。

その生物とはなんと、人に近い姿をしており、髪は逆立ちなにやら白っぽいのだ!!

ボートの上で絶対に立つんじゃないぞ、と前振りをした直後にボートの上で立ち上がり川に落ちるようなことを省略し、ついに我々は未知の生物を発見したのである!!

我々が夜なべして作った子供だましの・・・もとい精巧に作られた罠に掛かったその生物とは・・・!

デーモン小暮さんでした。


遥かに仰ぎ、麗しの 相沢美崎編クリアしましたので感想でも

通販番組でレムリアインパクトって聴いた瞬間、ネクロノミコン吹いたw
それはさておき、みさきち編ですが本校編と似ていますよね。
全ての支えを取り除き、心から相手を想い合う姿、と言うテーマが同じかなぁと。
司攻略ゲーでしたしw

本校編と違う所と言えば、栖香ルートと対比させたこと。
栖香には約束や誓約や契約が無く、
美崎には友達と恋人の契約があった。

栖香を奴隷と言う物として扱い、
美崎を相棒と言う者として見ていた。

栖香編では肉体的繋がりを強調し、
美崎編ではそれを拒む場面すらあった。

栖香は自分のことで、
美崎は他人のことで奔走する。

栖香は司の問題を取り除くことなく、
美崎はその問題を取り除くことを良しとした。

わざわざ姉妹を攻略対象にしたのは、この対比をさせたかったのかなと。
心と体、理想と現実、まったく正反対の結論に至った二つのルートですが、どちらも決して自分を裏切らない大切な人 (奴隷と相棒) を手に入れる幸せな物語なんですよ。

栖香のことをえらい悪く書いているように見えますが、それは、美が無くても生きていけるじゃない、と言うことで彼女のルートは独りよがりの醜悪なものであって正しいのかと。

逆に美崎編では、相手を思いやる優しさあふれた美しいものでした、と言うならば、栖香ルートはバットエンドまでは行かなくても、少しだけ後味の悪い終わり方のほうが分かりやすかったのではと。
桜屋敷が買収され、栖香が誰とも和解することも無く司と二人で逃げるように新しい生活を始める、とか。
まあ、美崎パパのことを考えるとそれは無いか。

さって、あと残すところ一人だけになりました。
長かった、と言うよりネトゲのしすぎです。
ネトゲをしているといろんな人が居ますが、ネトゲやっている人はみんなやさしい、と言う記事をネットで見かけて成る程と。
人間は基本的に優しい人ばかりで、心からの悪人なんていない。
なんて幸せなこと言うつもりはありませんが、ネトゲやっている人はやさしいのです。
なぜやさしくなれるのかは、外面を被っているからでしょう。
いちいち噛み付いたり、周りへの心象を悪くしようなんて誰も思いませんし、所詮ゲームですからアイテムとかそんなのまた集めれば良いだけで、タダで上げても問題ありません。

それに外面だけの付き合いでも構わないでしょう? だって外面としか付き合いませんし。
まあそれは、ネトゲって人の集まるところだけに、普通の世の中と同じことなんですけどね。


さて、いつもの如くトリックスター日記でも。

メインの狸が弱すぎるのでそろそろ課金しようかなぁ。
ステ振りとか良く知らずに始めたもので結構悲惨なのですよ。
スキルもいい加減だから狩りをすると結構しんどい。

あと狩ってる最中見かけた殴り狐さんに心惹かれ、サブの狐を作りました。
ステは4141の攻撃極。合成士に育てようかと。
所持も多いし、掘りも出来るし、感知こそはTSの支配者ですよw
まあ、このステ振りだと防御が紙なので、葉っぱに撫でられただけで死ねますが。
転職するまで辛いですね。

とりあえず、二日でレベル38まで引き上げましたが、私のような、メインのレベルが70程度の奴でも引き上げるのは簡単なんだなと。
もうちょとレベル上げようかと思っていたら、PT組んでいた人と話し込んだのでレベ上げは断念。
話をしたらどうもその人はレベル54まで上げるのに数ヶ月かかったそうで、ちょっと引かれました。
まあ、その人はクエとかあまりやらずに、まったり進めるのが楽しいみたいなので楽しみ方は人それぞれだなと。
翌日仕事から帰って狐のレベル上げしようとPT組んで葉っぱを狩っていましたら、そのメンバーと言うのがキャラ作って一日で39までレベルを上げた人や、2台のPC持ちで別アカウトからアイテムを持ってきた人とかがおり、ちょっと引きました。
まあ、楽しみ方は人それぞれだなと。

正直、なにが楽しいのかちょっと分からなくなった今日この頃。
結局ネトゲは人との繋がりを楽しむものだと思っていましたが、どうなのか。
眠ろうと思ったのが深夜3時。
起きたのが5時半。

そっかぁ、今日から会社だっけぇ。
などと頭の隅で考えつつ、そんなワケ無いと否定。否認。拒絶。抱腹。絶倒。逆に笑えるよね。
徹夜に近い状況でも、平気と言えるほど私は気力が漲っていたり、精力的な人間ではなく、悪びれもせず私は無気力人間です、と胸を張って言う気概すらも絶滅危惧種に。
仕事が私をお札でビンタしながら誘ってくるのですけれど、余裕の二度寝。
30分後に起床し、家を出るまで20分しか時間がないがここで新たな難題登場。
出社する時って何着て行くんだっけ? と割と本気で考える。末期症状だと思う。
とりあえず現実からの逃げ口上として、空気が篭っているから窓を開けようとし、開けた瞬間すぐ閉めた。寒い。暖房点けた。パソコンも点けた。
いやいやいや、ちょっと待ちなよネズミさん。

もうこうなったら風呂にでも入ろうかしらん、と考え始めたところでこんなことを思い出しました。
朝シャンはハゲの原因である。
らしいですね。頭皮の油が紫外線から皮膚を守ってくれるのにそれを洗い流すのは良く無いだとか。
家を出るまで、後10分。

あわただしくもスクランブル発進状態でスクランブルエッグを食べ、(この駄洒落に対しての反省はありません)髪を梳かし出撃。
家から出て、瞬時にホームシックにかかった私は半べそでした。

会社に行くと先輩が、新年は忙しくないよ、なんて言っていたので嬉し恥ずかしウキウキ気分で仕事をしていましたが、普段と変わりない忙しさだったのはどうしたことかと。

帰ってきてから、休日よりも平日の方がこのサイトにおいてのまともな更新をしたことを疑問に感じつつも、ネトゲの方が忙しいのか、という真理には触れずに現実を直視できないまま進んで行き、3連休です。
……よしっ。


<今日のなんのかんの>
エロゲの法則
定期的に立つスレではありますが。

作品中に用いられる人名、団体名、学校名、企業名等は全て架空のものであり、
実在する人物、団体、学校、企業とは一切関係ありません。
また、作品中にたびたび用いられる「ちっちゃい」または「ちいさい」と言う表現に
おきましては、キャラクターの身体的特徴を表すためのものであり、決して年齢の
事を表しているものではございません。
当社の作品に登場するキャラクターの年齢は、全て18歳以上と設定しております。
作品中にて用いられる呼称「もてはらしょー」は「模手原商科大学」と言う架空の
大学を指すものであること、さらに大学を留年するごとに学年を5年、6年と表記して
おりますがこれは一般に用いられる呼称と照らし合わせますと正式な表記ではござい
ませんことをあらかじめおことわりさせていただきます。
また、こちらも作品中にて用いられる「はらみちゅー」と言う呼称につきましても、
これは「原巳忠商事」という架空の企業名を指す者であることを補足させていただきます。

これが最強だと思う。
はあ、トリスタ超面白い。

更新を忘れるほどに。


<追記>

今日もですかそうですか。


ちゃうねん、ちゃうねんって。
ほら、時間って飛ぶじゃない。
はじけ飛ぶじゃない。


明日仕事やのに・・・
遥かに仰ぎ、麗しの 分校編の最初は仁礼栖香を攻略。
本校編の方が評判は良いみたいですけれど、こちらもまったく引けを取っていない。

いつか信じた人に裏切られるかもしれないから、人を本心から信じることが出来ない滝沢司の抱える問題への一つの答えかな。
まあ、答えではあっても解決にはなっていないのですよ。
作中で彼の問題が解決された、と言うはっきりした描写もありませんしね。

何度もあるエロシーンにおいて、栖香は自分が奴隷であると主張し、また司もそれを受け入れていますが……
それにしてもこの司、ノリノリである。……言ってみたかっただけです。

二人の関係は主人と奴隷であるから、約束や誓約や契約が無くとも裏切ることがない。
ペットだの飼われるだのと言ったことも言っていたので、司が栖香から離れようとしても栖香がそれに自分の体を持って堕落するように喰らい付いていく。

司は心に闇を抱えたまま栖香との生活を送っていくわけですけれど、その闇は表面に出てこず、クリスマスイブの時、司は夢でうなされ栖香に慰めてもらおうとするだけ。
その問題が解決される爽快さとか素晴らしさは本校編で語られ、それはとても美しいものと思います。
ですが、人は問題を抱えたままでも、美が無くても生きていける。

I can live, without roes.

物語がまぶしすぎて忘れそうになりますが、人と人の繋がりなんてそんなものでしょう。
誰しも心をまっさらにして相手に向き合えるわけは無く、そこには打算と妥協と甘えが在ります。
その隠し事を認め合い、目を瞑り我慢しながら、それでも人は他人を想うことが出来る。
それは形だけのように見えても、人は他人を蔑ろには出来ないから。
他人を想う気持ちがあるから繋がるのではなく、繋がりが在るから他人を想うことができる。
完璧なものはドコを探しても見つからないけれど、それでも

僕は薔薇が無くても生きていける。


まあ、オタクなんてやっていると、薔薇無しじゃ生きていけないけどねー(台無し


<雑記>
昼時に台所に居た私に向かって、用事をしていた母が言いました。

母「悪いけど重を取ってきてー」

おせち料理の入った重箱の事でしょうけれど、ここは関西。
魑魅魍魎が跋扈するボケと突っ込みの怨嗟地獄。

もちろん私は弟の持っている銃、エアガンを拝借して戻ったところで家族の白刃のような視線に晒されましたが、怯む事無く。
足を広げ、中腰になり、両手で銃を握り締め、プルプルと震え、仁侠映画が如く

私「その命 (タマ) 取ったんぞー!」(言うまでもないけれどお年玉のこと)

と叫んだは良いのですけれど、

姉「6点、かな」

厳しいな、と思います。
そういえば、イラストに関してやたら偉そうなことを書いたことを思い出し、言うだけかよ、と思ったのでさっき書いてみた。






昔の雑誌に乗っていた水月の那波さん。
初出はビジュアルファンブックだそうですが持ってない。
元本があったから描くのに1時間ぐらいで適当に。手が怪しい。
雑誌を横に置いて書いたのですけれど、真似して書くぐらい誰でもできんだよ首吊ってきます。
描いたはいいけれど、
スキャナーも無いのでデジカメで撮ったのですけれど、
死のうと思います。(落ち着け
私は砂漠の真ん中でなぜか断頭台にかけられており、その目前には老紳士がしゃがみ込んでいる。

パリッとしていたであろう老人のスーツは汗で泥のように汚れており、片手で帽子を押さえ、もう片方の手でギロチンの刃から延びる紐を持っており、片手で刃を支えることが出来るなんてすごいな、と思っている私はいかにも囚人のような格好をしており、上半身は裸で下はいかにも襤褸切れみたいなズボンで、足には枷も着けられ身動きが取れない。

私の目の前の老人は鼻息が当たるほど近くに顔を近づけ、効率の良いカタツムリの育て方とその食べ方を熱弁しているのを私は嫌が負うにも聞かなくてはならない。

砂漠と言うこともあり、老人は玉のような汗をかき続けながら目をひん剥いて私に語りかけてくるのですけれど、それはエスカルゴのことですか? という私の質問はひりついた喉から声になることは適わず、カタツムリの養殖法について自分の体験談を交えながら話は続いている。

いよいよその話も佳境に差し掛かり私も興味心身で聞いていたところで、ごく自然に老人はギロチンの刃から伸びる紐、文字通り私の生命線を手放される。
私の首が落とされて、ドンッ、という刃が木材に当たる音と共に私の首は砂の上に転がり、ちょうど首は老人と首の無い私の体へ目が向くようになっていた。

人間は首を落とされても脳に酸素が残っているわずか数秒は意識があるようで、私も砂の上から老人を見ていたのですけれど、老人は先ほどと変わることなく首の無い私の体に向かって話し続けている。
熱弁家だな、と思います。だから砂漠で話しをしたのでしょう。合点がいきました。

そんな事を考えていると目が覚めたのですけれど、とても不愉快です。
暖房は切れているのに汗だくだし、首はムズムズするし、心臓はバクバク言っています。
自分が殺されたり首を落とされる夢は結構見てきましたけれど、いくらなんでも新年早々これは無いんじゃないかな。
これが初夢だなんて、なんか理不尽だなって。

でも初夢って言うのは1月1日が終わってから見る夢のことを指すみたいで、こんなのが初夢でなくて良かったと思います。
でも、夢なんて最近見ていなかったのに、ひどいな。
夢を見ていないんじゃなくて覚えてないだけだよ、と言われたのですけれど、それは客観的事実であり、主観に基づけば見ていない事と等しいんじゃないかなって反論する元気もありません。ちょっとへこみました。憶えていたくないほど、ひどい夢を見続けたのでしょうね。

それはそうと、あけましておめでとうございます。

昨日はやることも無く暇だったので、安酒を飲みながらトリックスターをやっていました。
多分年越しトリスタをやる人が多いだろうな、と思ったのですけれど入ってみればギルメンは二人しか居らず、余計寂しい思いをしなくてはなりませんでした。
けれども午前0時が近づくにつれ人も多くなり、雑談しているうちに新年を迎えましたね。

朝起きてからも酒を飲み、おせちをつつき、雑煮を食べ、昼寝をし、遥かに仰ぎ、麗しのをしていました。
親戚の家にも行ってきたのですけれど、近くにある湊川神社へ初詣には行きませんでしたよ。人ごみは嫌い。

そんなこんなで元旦は終わろうとしていますが、日付が変わる程度でなにを騒がなくてはならないのでしょう。
なんてことを思うわけも無く、祝祭日と言うものには昔から何かしらの意味が込められており、占いと言う統計学にも影響を与えるような数奇な運命の巡り会わせが起こったりするので、それはとても大人しくしていられなくても無理の無いことです。
とくに何もありませんでしたけれどね。

じゃ、ことよろ。

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。