鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第一話 「すべてを手に入れた少年 すべてを奪われた少女」

第二話 「最適化」

第三話 「午後の陽気」

第四話 「シフトチェンジ」

第五話 「二つの架け橋」

第六話 「濡れ髪に咲いた、細雪の星屑を」

第七話 「この指先が、どうしても貴方を覚えている」

第八話 「汚染回廊」

第九話 「靴を履いた少年は、芽吹いた道を踏み歩く」

第十話 「硝子の天蓋」

第十一話 「市松模様に降り揺れて」




ネット小説ランキング>【登録した部門】>領域フォルト

HONランキング
・ネット小説の人気投票です。投票していただけると励みになります。

スポンサーサイト
いや、最終話上げる前にあとがきとかどうよ? などと思ったのですが、今書き終えたのでとりあえず。
ホント言うとすぐにでも載せたいのですが、夜書いたラブレターは朝見直さないとね理論が発動したので保留。というか校正必須。
しかし、なんかこう抑え切れないこの思い! みたいなモノがあとがきを書かせるのですよ。
そんなわけでweb小説終わりました。
今現在、原稿用紙479枚分。ラノベ換算320ページ。一冊分ですか。
09年2月から書き始めて1年半近く。どんだけ遅筆なんだと。
ペースにもムラがあって、三ヶ月ほど一文字も進まない時があれば、五日で一万五千字書けたときもあったわけで。
いや、なるべく読めるように書こうと思ったら、自分みたいな文章力ない奴だと大変なわけですよ。
しかし、こんなに長くなるはずじゃなかった。良くて二、三話くらいでまとめようと思って書いていたら、どうしてこうなった・・・
プロットも最後まで書けてます! とか偉そうなこと言った気もするけど、蓋を開ければ訂正の連続。
なんにしても、ちゃんと終われてよかった。
黒歴史とか恥部とか、あとで笑ってみましょうや。
とりあえず、金曜日に校正して、土曜日の夜位には最終話まで一気に載せましょう。
こんな素人小説、目に留めていただけるだけで幸いなので、読んでくださった方には感謝の全裸土下座で迎え撃ちます。

ああ、ようやく積みゲや積み本が崩せる・・・

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。