鼠の騙し討ち

太刀打できますん

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昔、実写版「鋼鉄天使くるみ」とか普通に見ていたような気がします。無性にエロかった記憶があります。どうでもいいや。近頃見たアニメの感想です。

「ef - a tale of memories.」第1話~第3話
原作は、はるのあしおと同様もう二度とプレイしたくないような痛々しいものでしたが、続編までプレイしなきゃ気が済まないのは、やっぱり自分が御影信者なんだなと。
minoriは一度アニメ化を断っているとの話ですが、やはり時期的なものや制作会社を選んでのことでしょうか。
話は原作でもまだ発表されていない第3章から始まり、そこへ1章2章の話も絡めていくという感じでしょうか。原作至上主義の自分としては、なんだか微妙ですが、前編も発売前に第1章を漫画化していましたし、これも宣伝やプロジェクトの一つとして受け入れていくしか。
さて、アニメ版もやたらに演出過剰気味なef。個人的には、こういった背景をメインに人を小さく描いたり手や唇などの部分部分を細かく描いたりする、印象を残す映像作りは好き。この演出が嫌いな人も居ることでしょうが、映研部の会話を聞くと、このアニメは“そういったもの”なのだなと。
第3話にしてようやく景VSみやこの戦いの火蓋が切って落とされるわけですが、この戦いの見所はなんと言っても戦いが終わってからの景の負け犬人生を淡々と描いていく事にあると思うのです。見ているのも嫌になるくらい痛々しい第2章。けれどもやっぱり目が離せない、というかそういった尖ったモノ見たさにエロゲやっているのですが。
あと、efのアニメの感想を見ていると、元がエロゲでもちゃんとしたスタッフが作れば見れるようなものになる、なんてことが書かれていたことが少なからずショックでしたね。そういった輩が、嬉々としてマスコミ批判を出来るものかどうか疑わしいものです。アニメだってピンきりなら、エロゲだってそうですし。謂れの無い誹謗中傷かっこ悪い。


「CLANNAD」第2話
序盤の展開が原作のダイジェスト版になってしまうのは、後半にウエイトをかける為しょうがないのですが、やはり動画が綺麗で滑らかなので、それだけで満足してしまう。
そういえば、京アニはKanonやAIRでもサブヒロインのシナリオを消化していきましたが、今回も同じことをやるとなると2クールで足りるのかと、いささか心配気味にもなりますが、まあどんな事になっても京アニはよくやった、で終わりそうなのでいいや。


「Myself;Yourself」第4話
今度は10歳のロリにフラグを立てようって腹なのかい兄弟?流石だな。
まさか炊飯ジャーのスイッチを押し忘れた事がフラグになるなんてな。この男、どこまでフラグを立てれば気が済むんだ。



なんだか最近疲れ果ててしまって、長い記事を書くともう活力とか勇気とか子供心を忘れない大事な何かとかが沸いてこなくなります。いいわけですが。長いだけの記事なら、アニメの感想で言えば、最初から順を追って書いていくだけで書けるのですけれど、それもどうかと。自分のスタイルじゃないなーと。そんな事いっていて、順を追っていかず最初から結果だけ求めるから色々上手くいかないことも、わかってはいるのですけどねー。

スポンサーサイト
視聴者の心を掴めるかどうかの瀬戸際。水着の回です。

そんなことはさておき、いきなりメインヒロイン・菜々香の手鏡を踏みつけるところからスタートするエロゲーマー主人公・日高 佐菜に悲鳴の声が鳴り止みません。
ロードだ!ロードするんだ兄弟(ソウルブラザー)!
選択肢でしかセーブを取っていなくても大丈夫、オートセーブ機能があるはずだ。
クイックだ!クイックロードをするんだ兄弟!

そんなこんなで他のヒロインとイチャイチャしつつも、菜々香へのプレゼントや(手鏡は裏目に出たが)過去を慈しむ態度でグングン好感度を上げていく兄弟には正直脱帽だ。流石兄弟、フラグの立て方も堂に入っている。

さて、3話にして佐菜が腕時計を頑なに外そうとしなかったり包丁に付いた血を見て気分が悪くなったりと、リスカフラグが着々と立って行きますが、5年前から性格が豹変した菜々香にはどんなものが付いて回っているのかが今後の見所か。なんにせよマッタリ見れるアニメがあるのはいいなぁ。

「まぁ飲めっ!!ポカリを飲んで流した涙の水分補給だっ」 I’ll 第5巻103ページより
いや、バスケ繋がりで。

さて、30分泣きっ放しというのは、自分でも無いと思いました。多分今、剣道をしたら一撃目から「マーン!!」と言う自信があるっ。それくらいテンションが上がっていると言う話。

冒頭の渚の独白と朋也との出会い。

「この学校は好きですか?
わたしはとってもとっても好きです
でも、なにもかも…変わらずにはいられないです。
 楽しいこととか、うれしいこととか、ぜんぶ。
 ぜんぶ、変わらずにはいられないです。
 それでも、この場所が好きでいられますか?」

「見つければいいだろ」

ここだけで既に涙腺決壊。クラナドのことをそこまで評価していなかったのですが、これは認識を改めるべきかも。この作品は2週目をプレイするべきだったなぁ。そしてオープニングの「メグメル」が流れ、汐が向日葵畑を走るシーンでもう限界でした。メグメルのアレンジはあまり評判がよろしく無いようですけれど、なかなかどうして、これがかなり好きになってしまいました。メグメルを聞いた当時は前作「AIR」の“国”崎住人の“歌”である国歌「鳥の詩」があまりに素晴らしすぎたため、ちょっとメグメルのインパクトの少なさに興味を惹かれなかったのですが、やっぱ良い。
と言うか原作の音楽を使っている時点で既に卑怯なのですが、京アニのやたら力の入った演出も十分すぎるくらい卑怯。ああ、もう全部卑怯だっ。

智代の声について。クラナドのファンディスク的位置にいる「智代アフター」で一色ヒカルさんのイメージが染み付いているので、桑島法子さんの声にやはり違和感が。悪くは無いのですけれど、しっくりこないなぁ。他のキャラで気になるのが、やはり春原。坂口さんのヘタレボイスがにやけてしまうほどマッチしているのは流石。彼の顔にモザイクがかかるその日を楽しみにしていましょう。

というか、早苗さんの朋也の名前を考える際に時空の流れを超越云々にレインボーパン吹いたw
早苗さん、それはネタバレですw


最後のだんご大家族にはやられたなぁ。だから卑怯だって。アレを持ってくるのは。

【つま-む(摘む・撮む・抓む)】《動五》①小さい物を指先などで挟み採る。指先などで挟み持つ。『布をつまんで繕う』『鼻をつまむ』『箸で乳首をつまむ』②取って食べる。『菓子をつまむ』『すしをつまむ』『乳首をつまむ』③要点を取り出す。また、簡素にする。『要点をつまんで書く』『女性たる象徴の突起をつまむ』④(多く「つままれる」の形で)ばかにされる。また、だまされる。『きつねにつままれたような顔』『タコさんウインナーを拾おうとした人に乳首をつままれたような眼鏡』

現代国語例解辞典第二版より

Myself;Yourself第2話の感想です。
次回予告でも王道ラブコメと言っていたように、今回も見ていて顔面筋肉がニヤニヤを止めて下さらない様な、いい感じにラブでコメっている具合に、正直飽きた。
とは言うものの、若作り子安さんやどう聞いても音羽かおるにしか聞こえない田村ゆかりさんや金田朋子さんの幼女にヘリウムガスを吸わせてから寒風吹きすさぶ中放り出したかのような声を堪能でき、満足と言えば満足。今のところ完全に声優アニメ。
まだ2話目ということもあり、これからなのでしょうけれど。
しかし、主人公が音楽室でピアノを弾いてから菜々香が少しデレる展開には心惹かれましたがねっ!!

さてみなさん、ご機嫌いかがだろうか。
歩くだけで全身から汗が吹き出るような灼熱の夏を乗り切り、ようやく涼しくなってきて、ものの見事に風邪を引いた私ではあるが、そんな最低な体調を吹き飛ばすような、最高な出来事が、今まさにここ、閉鎖的且つ深遠なオタ業界を直撃したのである。
アニメ版の「Myself;Yourself」が放送されたって言うんだから、これはもう期待せずにはいられない。ハラショーだ。
もちろん、私はこの日が来るのを首を洗って、指を咥えて、原作ゲームが12/20に発売延期した事もあってか、すぐにでもこの作品に触れたいがため、全裸待機だった事は言うまでもない。

そしてアニメの冒頭を見たとき、震え上がったと言うべきだろう。

「この町も5年ぶりか・・・」

オウ、ジーザス。我々は何度このようなセリフを聞き続けることが出来るのだろう。ギャルゲ、エロゲにおいて、主人公が数年ぶりに故郷の町に帰ってくるというシュチエーションは王道中の王道。そう、キングロードだ!!(頭悪そうな言葉だな
この一言から、この作品が王の道を黄金の鬣を靡かせ闊歩する、至極の作品である事は想像に難くない。
そして、故郷の町と言うからには、付いて回るものが存在する。このMyself;Yourselfが王道を行くからには、幼なじみ、と言う最終破壊兵器が存在する事は周知の事実だ。(お前本当に冒頭を見たのか?
幼なじみ。その一言だけで胸が掻き毟られる様な切なさを体感するのは何故だろう?
「Dクラッカーズ」と言う至高の幼なじみライトノベルを読んでからと言うもの、幼なじみと言う語感だけで致死量の破壊力を兼ね備えるに調教された私なので、このMyself;Yourselfの幼なじみ達にも俄然、期待と夢と希望と愛と平和と慈しみと胸と股間が膨らむばかりだ。(萎ませろっ!!

ここまでつらつらと書いてきたが、私のような訥弁にして蹌踉、浅慮な美辞麗句等は正に蛇足。心行くまでオタである事に感謝し、このアニメを見るべきだ。




それと、すみません。このブログが「Myself;Yourself」を応援していた事を、つい昨日思い出しました。

あきねずみ

Author:あきねずみ

セルフ 貴子同盟

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。